写真

コロナショックで街の飲食店は危機に瀕している ※写真は本文と関係ありません(撮影:今井康一)

3月31日午後4時。東京・永田町の自民党本部に、10人の料理人が集まった。 落合務シェフやパティシエの鎧塚俊彦氏など有名料理人らは、いつものコックコートではなく、スーツを着用。マオカラースーツに身を包んだ服部栄養専門学校の服部幸應校長の姿もあった。彼らが訪ねた先は岸田文雄政調会長である。要望書とともに「このままでは倒産する飲食店がたくさん出てきます」と訴えた。 この日の陳情のために大阪から来京した米田肇氏(三つ星レストラン「Hajime」オーナーシェフ)は、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング