写真

自分の「睡眠タイプ」を知ることで、よりよい眠りが得られるかもしれません(写真:PIXTA)

「睡眠負債」という言葉が流行になり、いま巷にはあらゆる快眠法が氾濫しています。ただ実際、これらの睡眠の情報には、「人にはそれぞれの睡眠タイプや置かれた事情がある」という前提が抜け落ちている──そう語るのは、『最強の睡眠世界の最新論文と450年企業経営者による実践でついにわかった』著者の西川ユカコ氏だ。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング