写真

トヨタ自動車は昨年9月発売の新型カローラ、2020年2月発売の新型ヤリスにスマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」を標準搭載した。写真は2019年11月に発売したライズに搭載されている9インチディスプレイオーディオ(写真:トヨタ自動車)

トヨタ自動車の新たなカーナビゲーション戦略が揺れている。 昨秋からスマートフォンとの連携を前提とした「ディスプレイオーディオ(DA)」の標準搭載に舵を切ったが、消費者や販売店から戸惑いの声が続出。自動車そのものの販売にも悪影響を及ぼしかねないため、DAの標準搭載を取りやめ、車両購入者が搭載・非搭載を選べる選択制に移行することになった。 ■昨秋発売の新型カローラにDAを標準搭載 トヨタは2019年9月発売の新型「カローラ」から、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング