写真

山手線と埼京線、湘南新宿ライン、相鉄線直通列車、りんかい線が乗り入れる大崎駅。現在は高層ビルが立ち並ぶが、2000年代に入るまで周辺には工場が並んでいた(筆者撮影)

2021年、大崎駅は開業120周年を迎える。 2002年には、りんかい線が延伸を果たして埼京線と相互乗り入れを開始。同時に南口を新設し、大崎駅のにぎわいは加速した。それまで光の当たることが少なかった同駅は熱い視線を注がれるようになった。それでも、一般的に知名度が高いとはいえない。 そんな大崎駅の存在感を高めようと、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング