駅の「ピーン、ポーン」何のためにある? 安全な案内のために重要な音

乗りものニュース / 2018年7月17日 16時10分

駅のコンコースでよく流れている「ピーン、ポーン」。ある人を安全に誘導するために重要な役割を担っている音です。何のために流されているのでしょうか。役割は道路の信号機と同じ鉄道駅のコンコースでは「ピーン、ポーン」という、少し間延びしたチャイム音が一定の間隔で繰り返し流れていることがあります。人が多くて騒々しいときでも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング