写真

救助者を運ぶ日米の救難部隊員。その後ろは空自千歳救難隊のUH-60J。「キーンソード19」におけるCSAR訓練(後述)にて(2018年10月31日、菊池雅之撮影)。

米軍の「PJ(パラジャンパー)」とは、空挺資格と医療資格などをあわせ持ち、山だろうが海だろうが、敵の攻撃が予想される地域だろうが救難に向かうという、過酷なお仕事に就く兵士たちのことを指します。日米共同訓練における彼らの様子を追いました。PJの過酷なお仕事とは?2018年10月29日から11月8日にわたり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング