発見された旧軍の重巡「古鷹」 設計と建造で混乱、条約にも翻弄されたその紆余曲折

乗りものニュース / 2019年5月19日 6時0分

旧海軍の重巡洋艦「古鷹」は、その傾斜した船体に見られるように、設計からして特徴的な艦といえるでしょう。特徴的すぎたゆえ、建造の現場では混乱をきたしたほどといいます。軍縮条約にも翻弄された、その紆余曲折をたどります。海底の重巡「古鷹」発見される2019年5月5日(日)、アメリカの故ポール・アレン氏が設立した調査チームは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング