写真

ワイドボディで座席数が多いボーイング777型機(2019年8月、乗りものニュース編集部撮影)。

ボーイングの副社長が、日本をはじめとする北東アジアの航空業界について説明。世界全体の傾向とは違いワイドボディ機の需要が高いといった特徴があり、特に日本はその傾向が強いそうです。運航密度の高さなどが背景にあります。日本含む「北東アジア」は、世界全体とは異なる傾向ボーイングの民間航空機部門マーケティング担当のランディ・ティンゼス副社長が2019年10月9日(水)、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング