写真

スホーイSu-27の原型機T-10初号機。欠陥機で十分な性能もなく墜落事故も発生。開発を中断せねばならなかった。モスクワ郊外モニノ空軍博物館に展示中(関 賢太郎撮影)。

ソ連時代の戦闘機開発は、国営の設計局が担う国家プロジェクトですが、なにかと死が身近な同国でそのちゃぶ台をひっくり返すのは、並大抵の覚悟ではできないでしょう。しかしその命がけの再設計で、のちの大傑作機が生み出されました。 大成功したSu-27戦闘機のいわゆる「黒歴史」最も美しい現代戦闘機は何でしょうか。美の基準は個人の好みによりますが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング