東京メトロが「少し離れた駅を同じ駅扱い」にするワケ 地下鉄網を考えた大きな目的

乗りものニュース / 2020年4月5日 10時20分

東京メトロは近年、少し離れた名称の違う駅同士を乗換駅に設定。背景には、ネットワーク全体の視点や、有楽町線の課題解決といった目的がみえます。また従来から乗換駅だった駅と、新しくそうなった駅には、大きな違いがありました。別名駅の乗換駅化を進めている東京メトロ2020年6月6日(土)、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング