写真

ウェザーニュース

日本時間21日未明、南米最高峰のアコンカグア山頂へ向けて登山中の三浦雄一郎さんでしたが、チーム・ドクターの判断により、登山活動が中止となりました。三浦雄一郎さんは、世界7大陸最高峰スキー滑降挑戦最後の山として、33年前の1985年53歳の時に登頂、スキー滑降を成功させています。今回はプロスキーヤーで息子でもある三浦豪太さんらと、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング