写真

ウェザーニュース

空気の乾燥する冬を前に、知っておきたいのが口臭対策です。鶴見大学歯学部付属病院で口臭外来を担当する中川洋一先生(口腔機能診療科准教授)に教えていただきます。口内細菌の活動で発生する空気が乾燥してくると、口の中のネバつきや口臭が気になることはないでしょうか。「ほとんどの場合、口臭のもととなるのは歯と舌の汚れです。歯に付着するプラークや舌の表面の舌苔(ぜったい)の細菌がタンパク質を分解するときに、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング