写真

ウェザーニュース

インフルエンザが怖い季節ですね。患者さんと接する医師は感染リスクも高くなりますが、一体どんなインフルエンザ対策を行っているのでしょうか。医師に聞いたインフルエンザ対策部屋の湿度を50〜60%に上げる「とにかく加湿です。インフルエンザウイルスは湿度に弱いので、部屋に加湿器を置き、温度より湿度に気をつけて湿度を50〜60%に上げます。出張などでホテルに泊まるとき、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング