写真

写真:Getty Images

日本時間25日の早朝に行われたコパ・アメリカのグループC最終節のチリvsウルグアイであるシーンが取り上げられ物議を醸している。 0-0のまま進んだ試合の30分手前で突然鶏の被り物を頭に被りアルゼンチン代表のユニフォームを着た男がピッチに侵入。警備員が追いかけるも足が速くなかなか捕まらない。 ここで問題のシーン。逃げる男をチリ代表DFゴンサロ・ハラが蹴とばして転倒させたのだ。これにより侵入者を捕まえることが出来たのだが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング