写真

宮藤官九郎が脚本を担当する『いだてん~東京オリムピック噺~』(以下、『いだてん』)が早くも正念場を迎えている。2月10日に放送された『いだてん』第6話の平均視聴率は9.9%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)を記録。大河ドラマ史上最速で1桁台まで落ち込んでしまった。そんななか、宮藤官九郎はいかなる思いで『いだてん』の放送を迎えているのだろうか。「週刊文春」(文藝春秋)2019年2月21日号に掲載された連載コラム「いまなんつった?」で宮藤官九郎はこのように綴っている。<家族が『いだてん』を見る日曜8時、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング