写真

ジャニーズ事務所が公正取引委員会から「独占禁止法違反につながる恐れがある」として、注意を受けていたことが17日、わかった。ジャニーズ事務所は昨年9月に事務所を退所し独立した元SMAPメンバー、稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛の3人をテレビ番組に出演させないように、民放テレビ局などに対して圧力をかけている疑いが浮上しており、公正取引委員会が調査に乗り出したという。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング