写真

18日に発生した京都アニメーション放火殺人事件の犯人を、「悪くない」などと擁護するYouTube動画を投稿した男性YouTuber「遠藤チャンネル」が批判を浴びている。この男性は18日に「京都アニメーションを燃やした男は悪くない!」というタイトルの動画を投稿した。動画では事件の概要を解説した後、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング