写真

1995年に放送されたフジテレビ系の連続ドラマに『ひとりにしないで』という作品があった。主演は賀来千香子。33歳会社員女性(賀来)が、社会で生きていく中で味わう不安や孤独、恋愛模様や仕事への情熱などが書かれた内容で、主人公の衣装や部屋インテリアにトレンディドラマの残り香がまだほんのりと漂っていたような気がする。いい意味で往年のフジテレビらしい雰囲気のドラマで、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング