写真

思ったより準備に時間がかかったとか、タッチの差で電車に乗り遅れたとか、前の予定が長引いたとか、やむを得ず遅刻してしまうことって、誰しも1回はあるのではないかと思います。 そんなとき、あなたはどう連絡していますか? 手始めに周囲に聞いてみたところ、「最短で着くであろう時間を言う」派、「ちょっと余裕をもった時間を伝えて、遅刻したのに早く来た印象を与える派」など、遅刻の連絡ひとつとっても、さまざまな流派があることがわかりました。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング