写真

梅雨や夏に自宅で、食材や前日の残り物の総菜を手にしたとき、どうも傷むのが早い、腐りかけでは……などと感じ、保存や食べることに迷うことがあります。 臨床内科専門医で正木クリニック(大阪市生野区)の正木初美院長に尋ねると、「気温や湿度が高くなると、食中毒の原因となる細菌が急増するため、調理法や保存法には厳重なほどに注意してください。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング