タカタ「1週間で株価10倍」 上場廃止なのにどうして?

ZUU online / 2017年7月17日 16時20分

エアバッグの破裂問題による経営悪化で民事再生法を申請したタカタの株価がマネーゲームの様相を呈している。7月7日の安値15円から14日高値は153円。実に1週間で10倍。テンバガーを達成してしまった。タカタ株の値動きに迫ろう。■理解しがたいタカタ株の動きタカタ株は、6月15日に日本経済新聞が民事再生法申請とスクープを報じた。15日引けの株価は484円だった。東証は事実確認のため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング