お金持ちは「暴落局面」でどう動く?危機前の動きに学ぶ成功の本質

ZUU online / 2018年1月20日 15時50分

株式市場は数年に一度は暴落する。87年のブラックマンデー、90年の日本のバブル崩壊、00年のITバブル崩壊、08年のリーマンショック、15年のチャイナショックなどがその代表だ。暴落局面で手持ち株を塩漬けにして傷を深めてしまったり、下がったところで狼狽売りしたりするのが「普通の投資家」だ。一方、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング