写真

4月から国保が都道府県移管、退職後は国保と任意継続のどちらがお得?(画像=PIXTA ※画像はイメージです) (ZUU online)

3月は退職シーズン。長年勤めた会社を定年で去る人が多く、早期退職で新たな道を模索する人もいるだろう。会社を辞めるに当たって考えなければならないものの1つが健康保険だ。選択肢は国民健康保険への加入、現在の健康保険の任意継続、配偶者が加入する健康保険の被扶養者の3つが考えられる。国保は2018年4月から財政運営の主体が従来の市区町村から都道府県に移管される。どの選択肢を選べば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング