写真

(画像=Shutterstock/PHOTOCREO Michal Bednarek)

2018年の空運株は大荒れとなった。原油価格の大幅な変動、空路の増加やハブ化といった運航キャパシティの増強、そしてビジネス客からの需要減などによって利益率が抑えられることとなった。このような要因で2018年の空運株は頭打ちとなっていた。 2019年の動向も前年度と同様の状況になるとみられるため、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング