写真

(画像=William Potter / Shutterstock.com)

下げ渋りとなったのですが、相変わらず買い気には乏しい冴えない展開でした。米中貿易摩擦の影響などが気になり、業績回復、景気拡大が認められるということでもなく、買い手掛かりに乏しい展開が続きそうです。売られすぎ銘柄の修正が一巡となり、買われすぎ銘柄が売られると指数も下値を試す動きになるのでしょう。買戻し一巡となったかどうか、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング