写真

出典:Getty Images

モトリーフール米国本社、2019年10月14日投稿記事より ライドシェアリング(配車サービス)大手のウーバー(NYSE:UBER)は、中東および北アフリカで人気のある同業のカリームを約31億ドル(約3300億円)で買収することを発表したわずか数カ月後、メキシコとチリで食料品宅配サービスを展開している「コーナーショップ」の買収を発表しました。 これは、ライドシェアリング事業とウーバー・イーツによる出前サービス事業を急速に拡大させているウーバーの食料品宅配サービスへの参入を意味しており、CEOのダラ・コスロシャヒもこれを認めています。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング