写真

Viktoriia Hnatiuk/Shutterstock.com

9日の日経平均株価は5営業日ぶりに小反落。前日比7円47銭安の1万9345円77銭で引けた。市場では、日経平均株価が2万円に接近すると、戻り売り圧力が高まるほか、日本銀行の上場投資信託(ETF)買い入れが減額されるとの見方から上値が重くなるとの声が聞かれた。 SMBC信託銀行の佐溝将司マーケットアナリストは9日、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング