1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. 経済

アイルランド、国際課税案の支持見送り 最低税率15%に反対

ロイター / 2021年7月2日 10時4分

 アイルランドのドナフー財務相は7月1日、国際的な法人課税ルールの見直しを巡る世界130カ国・地域の合意について、アイルランドは最低税率を15%とする案に反対の立場であり、現時点で合意への支持を見送ったと述べた。2020年9月、独ベルリンで代表撮影(2021年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ダブリン 1日 ロイター] - アイルランドのドナフー財務相は1日、国際的な法人課税ルールの見直しを巡る世界130カ国・地域の合意について、アイルランドは最低税率を15%とする案に反対の立場であり、現時点で合意への支持を見送ったと述べた。

大部分の内容については支持しているとし、交渉期限の10月まで協議を続ける考えを示した。

130カ国・地域が署名した声明は、最低税率の導入のほか、巨大多国籍企業に対する課税について、利益が発生した国が課税できる部分を増やす案などを支持した。

法人税率が12.5%のアイルランドでは、巨大多国籍企業が重要な雇用主となっており、今回の合意はまだ受け入れられる内容ではないとした。

ドナフー氏は「特に国際的な最低実効税率を『少なくとも15%』とする部分について、本日は合意に加わる立場になかった」と説明。「アイルランドとしての懸念を伝えたが、協議には引き続きコミットしており、わが国も支持できる結果を見いだすことを目指す」と述べた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング