アプリやWebサイトにリアルタイムコミュニケーション機能を即日実装できる「Enterprise Cloud WebRTC Platform SkyWay」の提供を開始

@Press / 2017年9月7日 15時0分

SkyWayの概要
NTTコミュニケーションズ株式会社(以下:NTT Com)は、音声・ビデオ通話などのオンラインによるリアルタイムコミュニケーション機能を、スマートフォン・タブレット端末向けのアプリケーション(以下:アプリ)やWebサイトに即日実装可能なクラウドサービス「Enterprise Cloud WebRTC Platform SkyWay(以下:SkyWay)」の提供を、2017年9月7日よりグローバル(※1)で開始します。


1.背景・概要
「SkyWay」は、リアルタイムコミュニケーションを実現する標準技術「WebRTC(※2)」の利用に必要なサーバー群(※3)をNTT Comが運用し、Software Development Kit(以下:SDK)(※4)をお客さまへ提供するサービスです。
近年、遠隔会議・遠隔作業・遠隔教育・コールセンター・営業支援・通訳・スポーツのライブ配信など様々な場面において、オンラインでのリアルタイムコミュニケーション機能に対するニーズが高まる一方、実装には高度な技術開発が必要でした。
そこで、NTT Comは、2013年12月より開発者向けにWebRTCを活用できるプラットフォーム「SkyWay」をトライアル提供してきました。今回はさらなるニーズに応えるため、商用サービスとして開始します。SkyWayは、これまで通りスタートアップ企業や開発者の方も気軽に利用できる無償プランと、テクニカルサポートやSLA(サービスレベル保証)が付いたエンタープライズ向けの有償プランを提供します。
これにより、お客さまは、アプリやWebサイトにSDKを組み込むだけで、利用者に音声・ビデオ通話やデータ通信を実現できる環境を、迅速かつ簡易に導入できます(図1)。

(図1:SkyWayの概要)
https://www.atpress.ne.jp/releases/137334/img_137334_1.jpg


2.サービスの仕組みと特長
(1) ビデオ・音声通話やデータ通信によるコミュニケーション機能が利用可能なSDKの提供
Webブラウザ、iOS、Android、IoT対応機器向けに4種類のSDKを提供します。お客さまは、アプリやWebサイトに「SkyWay」のSDKを組み込みことで、迅速・簡易に、WebRTCを利用したビデオ・音声通話やデータ通信などのリアルタイムコミュニケーション機能や多人数接続機能などを利用できます。

@Press

トピックスRSS

ランキング