水素水飲用経験者は全体の20%程度も…。水素水に疑問?本当にただの水なの?実際は「水素濃度1.2ppm程度」で、BMI低下、疲労や眠気、緊張感の軽減等に効果があるという論文が!

@Press / 2018年5月29日 15時0分

水素水に関する実態調査委員会は、20~50代の女性500名を対象に、「水素水に関するアンケート調査」を実施しましたので、その結果をご報告いたします。インナービューティーを志す女性の力強い味方として様々な健康食品が開発・販売されていますが、どれくらいの人が飲用した経験があり、また、どのようにして選んでいるのでしょうか。本リリースではこの「水素水」にフォーカスして更に調査し、効果・効能に疑問のある健康食品だと思われてしまっていることや、その原因が加熱しすぎた報道にあること、また水素水の飲用者の大半が飲み始めても途中でやめてしまっていること、その原因が曖昧な水素水に対する理解であることなどの結果が出ました。
また、水素水の中でも「高濃度水素水」についてはまだまだその存在や、効能について理解されていない、という結果が出ました。
しかしながら、実際は最新の研究で、水素水、中でも「高濃度水素水」については、効果があることが実証されています。2017年11月には「薬理と治療」に『肥満に対する水素含有飲料摂取の影響』、12月には「Medical Gas Research」に『日常生活における憂うつ、不安、および自律神経機能の改善のための高濃度水素水』が掲載されました。
そして2018年「薬理と治療」に掲載された論文『高濃度水素水の日常作業および精神作業負荷による疲労に対する軽減効果』では、継続的な飲用によって疲労や眠気、緊張感の軽減といった効果が実感できるという結果が出ています。これは、疲労の原因の1つとして考えられている「酸化ストレス」の上昇を、水素が抑制していることにより出た結果と考えられています。1.2ppm程度の水素が含まれる「高濃度水素水」を摂取することで、疲労や眠気、緊張感が緩和されると言えそうです。この研究は先日の5月19日に福岡県で開催された「第14回 日本疲労学会 総会」でも発表されました。
安易な広告に踊らされず、飲む時に1.2ppm程度の水素が含まれる「高濃度水素水」を選ぶことが、明日の健康のための一歩です。
画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/157572/img_157572_1.jpg

調査結果トピックス
1.疑問に思われている健康食品、1位は「水素水」
2・水素水の「効果・効能への疑問」 出てきた原因は加熱しすぎた報道?
3.水素水飲用経験者は全体の20%程度も、大半が途中で飲むのを止めている
4.なんとなく選びがち?水素水、効能への甘い理解が浮き彫りに
5.キーワードは1.2ppm程度!「高濃度水素水」についてはまだまだ認知が広がっていない

@Press

トピックスRSS

ランキング