たまプラーザ店食料品フロアがリニューアルし、「東急フードショー」に生まれ変わります

@Press / 2019年2月19日 15時0分

株式会社東急百貨店(以下、当社)は、たまプラーザ店の食料品フロアのリニューアルを実施し、「東急フードショー」に生まれ変わります。

「東急フードショー」は2000年に東急百貨店東横店で誕生し、「楽しいから もっと美味しい」をコンセプトに、「食のライブ感の演出」、「シズル感のある商品提案」、「食をファッションと捉えた提案」、「ワンランク上の日常の提案」、「大切な時、特別な日に頼られる売場を」などをテーマにした売場づくりを行い、デパ地下ブームの火付け役となりました。
従来は都心店および百貨店店舗を中心にフードショーブランドを構築してまいりましたが、現在は郊外店やSC、食品専門店でも進めており、2018年11月の青葉台店に引き続き、たまプラーザ店の食品フロアを3月14日(木)に「東急フードショー」としてリニューアルオープンいたします。

たまプラーザ店食品フロアでは、2017年に<サンクゼール>などを導入し食品エリアを拡大、2018年にデイリーマート グロッサリーゾーンへ<北野エース>を導入しグロッサリー商材を拡充と、段階的に新たな食の提案を行ってまいりました。
そして今般、「デイリーマート」において、「個食対応」「半調理品」など消費者ニーズの変化に合わせたMD強化、スペシャリストの設置による接客サービスの向上、「オリーブオイル」と「お米」の専門店の導入による多様化する嗜好への対応、さらに導線の拡大やゾーニングの変更などの環境整備・美化による快適な売場づくりを実施し、「THE MARKET PLUS(ザ マーケット プラス)」へとリニューアルいたします。

今後は対面売り場やイベント区画のリニューアルを順次行い、さらなる進化を目指します。

【リニューアル概要】
名称:「東急フードショー」
場所:東急百貨店 たまプラーザ店 地下1階
オープン日:2019年3月14日(木)グランドオープン



詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング