リックソフト、高品質なソフトウェアをリリースするためのテスト管理ツール「qTest Platform」の取り扱いを正式発表

@Press / 2019年5月16日 11時0分

リックソフト株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:大貫 浩、以下 リックソフト)は、高品質なソフトウェア開発を早期に行うためのソフトウェア試験ツールとしてTRICENTIS社(本社:オーストリア ヴィエンナ、代表:Sandeep Johri)が開発するテスト管理ツール『qTest Platform』の取り扱いを発表します。


1. 概要
『qTest Platform』は、DevOps、アジャイル開発手法のテスト工程に必要な機能をもった5つのツールで構成されています。『qTest Platform』によってソフトウェアの品質を見える化し、レポーティングできるだけでなく、試験作業の時間も短縮されます。

テスト自動化ツール『Selenium』や、リックソフトが取り扱うアジャイル開発ツール『Jira Software』、Gitソリューション『Bitbucket Server』と組み合せれば、さらに試験作業を効率化することでき、高品質なソフトウェアやサービスの早期リリースを可能にします。

製品紹介ページ: https://www.ricksoft.jp/qtest/

■『qTest Platform』を構成する5つのツール概要
<qTest Manager( https://www.ricksoft.jp/qtest/qtest-manage.html )>
テストケースを集中管理し、テストケースの割当とテスト実行を直感的に行えます。

<qTest Explorer( https://www.ricksoft.jp/qtest/qtest-explorer.html )>
自動化スクリプトジェネレータにより、手軽に『Selenium』などの自動化されたテストスクリプトを作成、編集を行えます。

<qTest Insights( https://www.ricksoft.jp/qtest/qtest-insights.html )>
ソフトウェアのデリバリまでの時間を短縮するために必要なソフトウェア品質メトリクスを可視化させます。

<qTest Launch( https://www.ricksoft.jp/qtest/qtest-launch.html )>
自動テストの開始から終了までの追跡を行うなど、スケーラブルなテスト自動化の中心を担うプラットフォームを提供します。

<qTest Scenario( https://www.ricksoft.jp/qtest/qtest-scenario.html )>
qTestプラットフォームとJiraを統合することで、qTest Scenarioによって、テストシナリオを簡単に作成でき、Jiraの課題チケットへのトレーサビリティを確保します。


2.ライセンス体系と価格
ライセンスは、年間サブスクリプションとして提供され、NamedとConcurrentの2種類を選択することができます。

<サーバー版>
ライセンス名称 :Premium(プレミアム)
価格(1ユーザーあたり):¥151,300[Named]
¥302,600[Concurrent]

ライセンス名称 :Elite(エリート)
価格(1ユーザーあたり):¥195,160[Named]
¥390,320[Concurrent]

※価格は税別となります。


<クラウド版>
ライセンス名称 :Premium(プレミアム)
価格(1ユーザーあたり):¥140,760[Named]
¥281,520[Concurrent]

ライセンス名称 :Elite(エリート)
価格(1ユーザーあたり):¥181,560[Named]
¥363,120[Concurrent]

※価格は税別となります。

価格の詳細はこちらをご覧ください。
https://www.ricksoft.jp/qtest/qtest-pricing.html

3. 今後の展開
『Jira Software』は、主にアジャイル開発の機能が中心ですが、リックソフトが独自開発する『WBS Gantt-Chart for Jira』を追加インストールすることで、ウォータフォール開発への適応も可能です。アジャイル開発とウォータフォール開発にも適応したハイブリッドな開発ツールに『qTest Platform』を組み合わせることで、日本企業のソフトウェア開発プロセスの生産性向上を支援します。


【リックソフト株式会社について】
効率的な情報共有と管理によって素早い目的達成を支援する「Confluence」や、アジャイルなソフトウェア開発チームで最も支持されているプロジェクト管理ツール「Jira Software」などのアトラシアン製品ではアジアパシフィックで多くの販売実績がある企業です。
多くの専任技術者によりアトラシアン製品の導入支援だけでなく、アドオン開発やクラウドサービスも行っており、アトラシアン社のAtlassian Platinum Solution Partnerとしても認定されています。
実績として製造/金融・保険/インターネットサービス/通信・公共などのお客様にアトラシアン製品の導入やプラグイン開発など幅広いサービス&サポートを提供しています。
ホームページ: https://www.ricksoft.jp/


<登録商標について>
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。


【用語説明】
・DevOps
ソフトウェア開発手法の一つ。開発(Development)と運用(Operations)を組み合わせたかばん語であり、開発担当者と運用担当者が連携して協力する(さらに両担当者の境目もあいまいにする)開発手法。

・アジャイル開発
アジャイルとは『すばやい』『俊敏な』という意味で、反復(イテレーション)と呼ばれる短い開発期間単位で開発を行い、市場や顧客からの要件や仕様変更に早期対応できる開発手法の一つです。

・Selenium(セレニウム)
Webアプリケーションのテスト自動化を実現するオープンソースソフトウェアです。

・Jira Software(ジラ ソフトウェア)
あらゆるアジャイル開発手法に対応したプロジェクト管理ツールです。

・Bitbucket Server(ビットバケット サーバー)
ソフトウェアのソースコードを効率よく管理するソフトウェアです。

・自動化スクリプトジェネレータ
テストを自動化するための実行プログラム(スクリプト)を生成する機能です。

・テストスクリプト
テストを実行するプログラムです。

・ソフトウェア品質メトリクス
ソフトウェアの品質を定量的に測定し、見える化(評価)したものです。

・テストシナリオ
テストの流れや内容をシナリオ化したものです。

・トレーサビリティ
品質管理に重要な、各テスト工程や結果を蓄積し、履歴として管理します。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング