アールテクノ、ベトナムに3拠点目のオフィスビルを新開設 外国人エンジニア雇用を増加、製造業のオフショア開発をさらに展開

@Press / 2019年6月18日 11時0分

CAD/CAM/CAE分野を中心に製造業のオフショア開発を展開する株式会社アールテクノ(東京本社:東京都国立市、代表取締役:吉山 慎二)は、ベトナム・ホーチミンに地上7階建ての新築オフィスビルを開設いたしました。
これでベトナム・ホーチミンは3拠点体制となり、日本国内の取引先は60社、エンジニア数200名、開発ルーム数84部屋、239台のPC、1,440本のソフトウエアが稼働しています。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/185489/LL_img_185489_1.jpg
アールテクノ 新1号館

ベトナム・ホーチミンに新たに開設したオフィスビルでは、FA機械、自動車、金型、精密機械、専用機械、プラント、配管、造船、家具などの幅広い業界で、部品図面作成、トレース、3Dモデリング、アセンブリ、NCプログラミング、解析用モデル作成、報告書・資料作成、検討・干渉チェック、構想設計、工業デザインなど、作業的内容から考える仕事まで対応が可能です。

当社は、経験のあるエンジニア7,000名以上の登録者の中から、該当技術経験が豊富で顧客の技術ニーズにマッチしたエンジニアを「きわめて高い定着率(低離職率)」で運用できることが強みです。
2016年時と比べ、2年間でエンジニア登録者数は2倍、参画企業は36社増加するなど、オフショアビジネスは、メーカーの開発・設計現場で急速に広がっています。

さらに、4,300kmの距離(2時間の時差)を感じさせないコミュニケーションツールと、大量の設計データ(機密情報)を安全に転送させるセキュリティクラウドなどを用意。
深刻な国内エンジニア不足を打破し、大幅なコスト削減を実現します。
近い将来5G通信となれば、遠隔でありながら同じ場所にいるのと遜色のない打合せ実現が期待されます。


<セキュリティ>
機密情報の流出が起こり得ない開発環境を構築しています。
インターネット:制限(アップロードできない、送信できない)
メール :制限(特定の担当者以外に送信できない)
ハードディスク:暗号化(盗難にあっても中身が読めない)
アドミニ権限 :剥奪(インストールできない)
デバイス :制限(USBメモリ等で情報取り出せない)
ログ管理 :可(何をしたか記録が残る)
開発ルーム :物理制限(登録者以外入室できない)
:24時間監視・録画
スマートフォン:持込不可(写真撮れない)
警備員 :24時間(部外者の侵入監視)

<開発ツール>
ソフトウエア:AUTODESK, SIEMENS, DASSAULT, FUJITSU, PTC, MSC
などほぼすべて対応


■施設概要
名称 :アールテクノベトナム・テクニカルセンター1号館(複数旧館統合)
所在地 :99 Tan Cang Street, Ward 25, Binh Thanh District,
Ho Chi Minh City, Vietnam
電話 :+84 (0)28-351-22-888
築年数 :新築
階数 :7階建(1棟全て)
延べ床面積:1,765平米
設備 :ネットワーク、セキュリティ、地下駐車場、緊急発電ほか
開発ルーム:42(その他ミーティング、休憩、食堂、卓球部屋など)


■会社概要
社号 : 株式会社アールテクノ
設立 : 1995年4月5日
資本金 : 99,998,000円
代表 : 代表取締役 吉山 慎二
東京本社: 〒186-0003 東京都国立市富士見台2丁目-14-1 ロフティ国立 5F
URL : https://www.r-techno.co.jp/


■お問合せ
株式会社アールテクノ
担当 : 高橋
電話 : 042-571-3891
メールアドレス: k-takahashi@r-techno.co.jp


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング