『TL-リンカーン』、アリババ株式会社の「Fliggy」と連携開始

@Press / 2019年8月19日 11時0分

宿泊施設の予約・販売管理システム『TL-リンカーン』を提供する株式会社シーナッツ(本社:東京都港区、代表取締役社長:山田 英樹)は、新たな対応販売先として、アリババグループが提供する中国人向け旅行商品プラットフォーム「Fliggy(フリギー)」と2019年8月19日に連携を開始いたしました。


画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/190602/LL_img_190602_1.png
TL-リンカーンTOP画像

中国人向け旅行商品プラットフォーム「Fliggy」は、世界で60万軒以上の宿泊施設、8,000軒以上の観光施設、400社以上の航空会社・チケット販売代理店と提携し、各国・地域のパートナーとともに、新たな旅先の開拓と観光客誘致に取り組んでいます。ユーザーの51%は1990年代以降に生まれた若い世代が占めており、Fliggyを通じてアリババグループのエコシステムを利用する7億人以上のユーザーにアプローチすることができます。

このたびTL-リンカーンとFliggyの連携により、中国からの集客を本格的に強化したい宿泊施設は、「共通在庫サービス」を使って作成した英語の部屋タイプやプランを流用することで、Fliggyを通して集客をすることができます。また、他の販売先と共有を行うことで販路拡大による稼働率向上が見込めます。


【連携先概要】
連携サービス名: Fliggy(フリギー)
連携先企業 : アリババ株式会社
事業概要 : BtoBおよびBtoCの海外進出支援サービス、
アリババグループの提供する各種サービスの展開
運営会社所在地: 東京都中央区京橋2−2−1 京橋エドグラン27F
URL : https://www.alibaba.co.jp/


■「共通在庫サービス」とは
宿泊施設がTL-リンカーン上に直接登録した残室や料金情報を各販売先が取得できるインターフェースです。
TL-リンカーン上の在庫数を確認して販売される仕組みであるため、宿泊施設においてはオーバーブックの可能性を低減することができます。
また、各販売先は管理画面を持たなくとも宿泊施設の在庫の取得が可能になります。

「共通在庫サービス」詳細ページ
https://www.seanuts.co.jp/lincoln/15.html


■『TL-リンカーン』システム概要
宿泊施設向けの予約・販売管理システム「TL-リンカーン」は、旅行会社とネット販売からの通知を一元管理し、残室・料金調整が一括でできるASPサービス。ネット販売は複数の管理画面を個々に開いて管理する必要がなくなるため、オーバーブックを回避し、販売機会を最大限広げることができます。またホテルシステム(PMS)とのデータ連携も可能なため、通知情報の手入力、転記等の業務負荷も軽減。業務改善と増売を同時に実現することができます。

『TL-リンカーン』製品ページ
https://www.seanuts.co.jp/lincoln/


【会社概要】
名称 : 株式会社シーナッツ
主な事業内容: 旅行会社・ネット販売会社から宿泊施設向け
予約通知データの送受信サービス、
及び宿泊施設の残室・プラン統合管理サービス
本社所在地 : 東京都港区芝浦3-12-7 住友不動産田町ビル4階
設立 : 2007年6月1日
資本金 : 4億9,500万円
: (株主:株式会社リクルート、株式会社JTB)
従業員数 : 92名(2019年7月1日現在)
代表者 : 代表取締役社長 山田 英樹
URL : https://www.seanuts.co.jp/company/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング