「Fan+(ファンプラス)」の「サイエンスエレメンツ」で特別公開講義を開催 ベストセラー『地頭力を鍛える』のビジネスコンサルタント・細谷功氏が「考える」の質を高める講義を展開! ― 20代~30代のビジネスパーソンや学生を対象に受講生募集 ―

@Press / 2012年1月24日 13時0分

細谷功氏講義イメージ
NTTプライム・スクウェア株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:中山 俊樹)が運営するデジタルコンテンツ配信サービス「Fan+(ファンプラス)」( http://fanplus.jp/ )で展開中の、知の総合エンターテインメントショップ「サイエンスエレメンツ」( https://fanplus.jp/_scienceelements_/ 、運営者:株式会社亜紀書房、所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:立川 勝得)は、2012年2月22日(水)および29日(水)、「細谷功の『思考の積み木』」シリーズ講師の細谷功(ほそやいさお)氏による特別公開講義の受講生を募集いたします。対象は、20代~30代の若手ビジネスパーソン、学生を想定しています。

細谷功氏は、ベストセラー『地頭力を鍛える』の著者であり、「思考力」を中心テーマに地頭力やフェルミ推定、Why型思考、アナロジー思考、イグノランスマネジメント等で昨今話題の人気ビジネスコンサルタントです。
本公開講義では、細谷氏がビジネスはもとより、人生を生きるうえで欠かせない、「考える」という行為の質を大幅に高めるための講義を2日間にわたって行います。

第1回(2012年2月22日)のテーマは、「3つの思考法」。「仮説思考力」「フレームワーク思考力」「抽象化思考力」を解説し、これら3つを駆使した無限の発想法を伝授します。
第2回(2012年2月29日)のテーマは、「イグノランスマネジメント」。「知っている」がマイナスに働き、「知らない」がイノベーションにつながる。そんな「無知」からはじまる思考を講義します。

いずれも黒板による講義となり、普段のセミナーなどではパワーポイントを使用している細谷氏が、黒板を使ってどのように講義するのかも見所のひとつです。(黒板講義+演習+質疑応答+名刺交換)
細谷功氏講義イメージ: http://www.atpress.ne.jp/releases/25074/b_1.png


【細谷功(ほそやいさお)プロフィール】
ビジネスコンサルタント。NTTデータグループのコンサルティングファーム・株式会社クニエ(QUNIE)のマネージングディレクター。1964年、神奈川県に生まれる。東京大学工学部を卒業後、東芝で8年間エンジニアとして働いたのち退職。経営コンサルティング会社のアーンスト&ヤング・コンサルティング(クニエの前身)に入社。以来、会社の仕組み(業務プロセス、組織、IT)の改革にクライアント企業と取り組んでいる。
著書に『「地頭力」を鍛える』『アナロジー思考』(以上、東洋経済新報社)、『いま、すぐ鍛える地頭力』(大和書房)、『「Why型思考」が仕事を変える』(PHP研究所)、『アナロジー思考』(東洋経済新報社)、『象の鼻としっぽ』(梧桐書院)、訳書に『プロフェッショナル・アドバイザー』(東洋経済新報社)がある。

@Press

トピックスRSS

ランキング