日本初・クラウドを利用した介護用コールオペレーションシステム『G24システム』の無料提供を開始 ~ 24時間365日安心できる生活基盤に ~

@Press / 2012年3月12日 9時30分

 指定訪問介護、訪問看護、居宅介護支援、リハビリデイサービス事業を行う株式会社グラフィス(本社:東京都中央区、代表取締役:小田 秀樹、以下 当社)は、2012年度の新しい地域密着型サービス「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」のサービスに対応するため、ケアコールオペレーションセンターシステム『G24システム』(システム開発責任者:池原 吉豊、24時間サポート担当責任者:渡邊 庸夫)を開発いたしました。現在、このシステムは港区の24時間モデル事業及び、夜間対応型訪問介護事業で実際に運用されています。

 当社が開発したケアコールオペレーションセンターシステムは、高齢で介護を必要としている利用者が、24時間365日安心して生活できる基盤を整備する、クラウドコンピューティングシステムを活用した日本で初めてのシステムです。


■『G24システム』無料提供について
 このたび日本経済新聞に、“『G24システム』一式を介護事業者に向けて50万円で販売”と掲載されましたが、当社は販売を予定しておりません。システムは基本的に無料です。

 ただし、以下の部分は他社サービスとなります。
1. CTI(*1)導入
2. CRM(*2)システム(クラウド)システム導入
3. ケアコール機導入
それぞれの企業と契約の上で導入し、費用をお支払いいただく必要があります。

 当社が導入・指導等を行う場合は別途費用負担をお願いしております。導入後は、導入の事業者と一緒にご利用者が安心して在宅でお暮らしいただくための研究会「運営推進会議」を立ち上げて情報共有していきます。

(*1)CTI【Computer Telephony Integration】
電話やFAXをコンピュータシステムに統合する技術。コールセンターなどに利用される。CRMとの連携が可能。
(*2)CRM【Customer Relationship Management】
顧客関係管理


■『G24システム』の特長
<携帯電話を利用したサービス>

 従来の緊急通報等のシステムでは、利用者からの通報を受けるケアコール機とコールボタンは別であり、離れた場所でコールボタンを押しても話をすることができませんでした。『G24システム』では、利用者に貸与した携帯端末(ソフトバンクモバイル「みまもりケータイ SoftBank 005Z」、以下 「みまもりケータイ」)のボタンを押すと、オペレーターの持つ携帯電話に繋がります。セールスフォース・ドットコムのクラウドコンピューティングシステムにより、オペレーターのパソコン上であらかじめ管理されている利用者の心身の状況、置かれている環境等の情報や、過去の通報履歴、サービス提供履歴を確認しながら、従来のサーバー利用のコールセンターと同様に、オペレーターは利用者と会話することができます。情報を参考にしながら応対できるため、利用者の状況に合わせた適切な対応が可能となります。必要時には、介護支援専門員の了解のもと、訪問介護員を利用者の自宅へ派遣要請します。

@Press

トピックスRSS

ランキング