Fringe81、ディスプレイ広告の統合運用トレーディングデスク「digitalice(デジタリス)」を開始

@Press / 2012年4月12日 11時0分

図1:「digitalice」モニタ
Fringe81株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田中 弦、社名よみ仮名:フリンジ ハチイチ)は、広告主および広告代理店が、ワンストップでディスプレイ広告の運用・配信ができる「トレーディングデスク」サービス「digitalice(デジタリス)」( http://www.digitalice.jp )を開始します。
第一弾として、5月7日に、複数のキャンペーンをリアルタイムでモニタリングし、その場で原稿差し替え可能となるシステムと、Fringe81の運用ノウハウを元にしたディスプレイ広告運用代行サービスを開始します。今後第三者配信アドサーバー「iogous*mark」は全て「digitalice」に統合されます。


●「digitalice」システムの機能について

【開発の背景】
現状ディスプレイ広告の効果測定および運用には、以下の課題があります。
・広告主や広告代理店は、どのくらいの表示回数が配信されているかがリアルタイムにわからない
・バナー広告の原稿差し替えを行うにも数日を要し、メールや電話などのアナログな方法しか用意されていない
・DSPやアドネットワークが多数出現する中で、膨大なキャンペーン量を迅速に管理することは難しい

【「digitalice」によって解決されること】
Fringe81はこれらの課題を解消するため、バナー広告の効果が圧倒的に把握しやすい『digitalice monitor』を開発しました。(図1: http://www.atpress.ne.jp/releases/26663/a_1.png )

広告主または広告代理店はどのバナーがどのくらい配信され進捗しているか(インプレッション数)、クリックスルーレートはどのくらい出ているのか、コンバージョン数はいくつか、バナーを閲覧した後に検索エンジン経由で広告主サイトに誘導された数はいくつか、といったバナー広告にまつわる効果指標をリアルタイムに、ひとつの画面で横断して管理することが可能となります。

【バナーを100メニューに配信していても、わずか3分で差替え可能】
効果の悪いバナー広告の差替えは効果を高める為に重要な要素です。しかしながら、現状日本のインターネット広告市場では、急いでもバナー広告の差し替えには3日程度を要します。これでは、的確なタイミングで効果を改善することはできません。
Fringe81はこの課題に対し、下記の機能を搭載いたしました。
・媒体を横断したバナーの一括差替え
・複数バナー×複数媒体の一括差替え
・予約差替え

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング