フカヒレ専門店・廣翔記 代表の「6分間簡単調理のフカヒレ姿煮」開発への想いをご紹介

@Press / 2012年4月25日 15時0分

 鉄人のフカヒレ専門店 横浜中華街 廣翔記(本店:神奈川県横浜市中区、運営:株式会社廣田商事)では、ご家庭で調理できる「6分間簡単調理のフカヒレ姿煮」を2012年2月に店頭及びインターネットで発売し、多くのお客様からご好評いただいております。
 そこでこの度、「6分間簡単調理のフカヒレ姿煮」を通じてお客様とご縁をいただけたことに心より感謝し、廣翔記 代表・廣田 翔の開発にかけた想いをご紹介させていただきます。


(1)廣翔記 代表・廣田 翔(ひろた しょう)の物語
 1974年(昭和49年)中国東北地方 ― 遼寧省営口市という小さな港町で、一家の長男として生まれました。祖父は軍人、両親は公務員で、通学は祖父が使い込んだ古い自転車を乗るほど貧しい家でした。1990年代、東北地方で日本留学ブームが起き、専門学校を卒業したばかりだった20歳の廣田(以下 私)も、先進国かつ民主主義の日本を見てみたい一心で、1994年10月に、残留孤児の親戚である「入角おじさん」のツテで日本留学を果たしました。その際、母親は家の全財産を日本語学校第一学期の学費と日本行きのチケットに替えてくれました。

 大連から飛び立った機内から初めて富士山を見た時はすごく感激し、希望に満ちたワクワクの気持ちでいっぱいでした。「若い女性自ら散歩の犬の糞を持ち帰るほど、街並みはゴミ一つ落ちておらず、また電車は駅のホームドアマークの所に分単位で時刻表通りに来て、ドアを開けてくれたことに感動し、日本って凄い国だな」と思いました。

 日本語学校は横浜の飛鳥学院で、第一期の学費しか納めていなかったため、その当時の留学生と同様、学校に通いながらバイトをし、自分で学費と生活費を稼がなければいけませんでした。

 学校は横浜にあるため、自然に華僑が生活している横浜中華街に働き口を捜しに行きました。たどたどしい日本語で「バイトしたいですけど、募集していますか?」と一店舗一店舗飛び込みでまわりました。運よく新規開店の「頂好菜館」(現 有限会社大原商事)から面接の機会をもらい、「あまり日本語が分からないのですが、なんでも一生懸命働きます。」とアピールし、ホールスタッフとして採用していただきました。来日1ヶ月後のことでした。いきなり本格中華レストランのフロアデビューをしましたが、「お冷」や「おしぼり」といった中国で学んでいなかった日本語に直面して失敗の連続でした。

 学業は、勉強に必要な集中力があるようで、1年後に桐蔭横浜大学の法学部に合格し、大学4年間刑法の勉強をする一方、自立のため、新聞配達員、お好み焼き屋さんの店員、弁当販売員、清掃員、クラブのボーイ、土木作業員、不動産屋さんの事務、輸入シューズの営業などいろいろなバイトをして生計を立てながら、日本での社会勉強を重ねました。当時、1日12~14時間(寝る時間が惜しいくらい)働きました。寝不足のせいで、原付で新聞配達しているとき、交差点で信号待ちをしながら寝てしまうことさえありました。1998年の冬は大雪で原付に乗れず、県立図書館の坂を歩いて朝刊を配達し、最後のお客様に届けたのは夕飯時でした。

 将来、自分で商売をしたいと、大学卒業後に経営を勉強するため神奈川大学の大学院にも進みました。しかし2003年に母親の体調不良により、長男である私は両親の面倒を見るため、大学院を中退せざるをえませんでした。母親が回復するのを待って再来日し、同じ神奈川大学留学生である働き者の妻と結婚しました。

 そもそも、自分の中では「どんな小さなビジネスでもいい、ただ自分でお客様に喜んでもらう商売をしたい」という願いがあり、2005年末、長男 宇司の誕生を祝うように友人と共同経営で34席しかない中国東北料理の店を横浜中華街にオープンしました。その後、店の経営方針の行き違いもあり、独立しました。(飲食業に導いてくれた友人とは、現在別々で商売をやっていますが、健闘を祈っております。)

 2007年、長女 翔子誕生の年に、美肌効果があるといわれるフカヒレ料理をリーズナブルにお客様に提供できないかと考え、横浜中華街でも数少ないフカヒレ専門店 廣翔記をオープンさせました。

 オープンした2007年5月1日は、ちょうどゴールデンウイークの初日でした。オープン後すぐ行列ができましたが、物、人員、作業の流れが十分考えられていなかったため、スタッフが効率よく働けず、毎日ピンチの連続でした。これらの問題を解決するため店にも寝泊りし、1ヶ月くらいの混乱が過ぎて、徐々に店らしくなってまいりました。その後、紆余曲折しながら合計4店舗を出店しました。

 勤勉で素直な料理人だけでなく、社員、アルバイト、パートの皆さん、取引先、お客様に、王 永祥シェフ、私の3倍働く妻に助けられ、本当に感謝しかありません。皆さんのおかげで、毎日仕事は充実しています。レストランを経営するには、マニュアルだけではやってはいけません。人情と情熱、工夫と根性、人間の強みと弱み、心の優しさと思いやりなど、お客様を持て成す舞台の裏においては色んな人間ドラマが起きています。

 私がいま大好きな横浜にいられるのは、家族、お客様、周りの皆さんのおかげと考えております。人間が赤ちゃんとして生まれ、はじめて泣き声をあげた時から、神様にそれぞれの使命を預けられているのだと思います。

 私は、自分自身の使命とは「食」を通じて、お客様に恩返しして、お店と会社に関わるすべての人をハッピーにすることと考えて行動していくつもりです。

(2)「6分で出来るフカヒレ姿煮」の物語
■お客様のご要望から家庭用フカヒレ姿煮を考案

 2007年、高級食材であるフカヒレをお求めやすい価格でご提供できる「フカヒレ専門店」を横浜中華街にオープン。中華街という観光地で、沢山のお客様にご来店いただきフカヒレをお召し上がりいただきました。また店舗に足を運んでいただけない遠方のお客様にも気軽に楽しんでいただけるよう、同年インターネット通信販売事業を開始いたしました。

 当時は、フカヒレを“あん”に使用した冷凍点心をメインに展開。フカヒレまんや、フカヒレシュウマイはネット通販の主力商品になり、店舗にご来店いただいたお客様にも、お土産用の商品としてご愛顧いただいております。

 ネット通販や店頭販売を行っていると、お客様から「中華まん以外で、お土産用のフカヒレ姿煮はないのか?」と聞かれることが多くなりました。確かに、中華まんや中華惣菜は観光地の中華街ではどこでも購入できるので、特に珍しいものではなく、フカヒレ専門店としてお客様の素朴な質問に恥ずかしながらお答え出来ませんでした。

 そこで、フカヒレの姿煮をご家庭で召し上がれるように、お土産用の商品としての取り扱いを考えました。


■大幅に時間のかかる下ごしらえを解決。約6分で調理が可能に

 しかし、ご家庭用の商品を考えた際、大きな問題が生じました。単にフカヒレの姿煮を冷凍して箱詰めしても、ご家庭で姿煮をおいしく再現できなかったのです。

 そもそもフカヒレは姿煮としてお皿に盛り付けられる前に、蒸しの工程など下ごしらえに約1時間かかるものです。店頭で出来上がった姿煮を急速冷凍してもフカヒレの繊維と上湯(スープ)が絡んだままの状態では、お客様に満足いただける商品にはなりませんでした。フカヒレとスープを別々で冷凍する案もありましたが、フカヒレを長時間掛けてご自宅で下ごしらえすることは、現実的ではありませんでした。

 なんとか美味しさをそのままに調理時間を短縮できないかと考える日々が続き試行錯誤の末、従来であれば約1時間の下ごしらえが掛かったフカヒレを約6分でスープに絡む姿煮になる商品の開発に成功しました。それにより、フカヒレとスープを別々に冷凍し、ご家庭で同時に温めることで簡単に出来上がる廣翔記のフカヒレ姿煮が完成したのです。

 今後も私たちはフカヒレという天然の食材に感謝と敬意を持ち、お客様のお喜びいただける笑顔と健康がより一層続くことを深く願って様々な料理をご提供させていただきます。

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

@Press

トピックスRSS

ランキング