節電の定番「扇風機」に“ちょうどいい”3機種登場 昨年約12万台を売り上げた「±0(プラスマイナスゼロ)」が新作発表!

@Press / 2012年4月25日 10時30分

リビングファンDCモータータイプ
“ちょうどいい”をコンセプトとした日本発の家電ブランド「±0(プラスマイナスゼロ)」を展開するプラマイゼロ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:青木 光男)は、夏の節電を考慮した新作扇風機を3種発表。今夏、既存モデル含め扇風機シリーズ6種で10万台以上の出荷を見込んでおります。


◆昨年の販売実績
日本の扇風機販売数は通年650万台程。昨年は節電の影響で約1,000万台に達しました(大手家電量販店情報より)。
±0(プラスマイナスゼロ)は昨年、リビングファン、テーブルファン、コンパクトファンの3種を発売、トータルで約12万台の実績でした。ご家庭では、リビングでエアコンの替わりに使える大型のしっかりしたものが人気、オフィスでは、まず自分の机周りを涼しくしたい方が多いのか、コンパクトでリーズナブルなものが人気でした。昨年はこのように二極化傾向がみられました。


◆新作扇風機の特長
昨年は節電の対象外だった西日本も電力不足が心配される為、今年は全国的に節電傾向となりそうです。
節電意識が徐々に定着してくると、ライフスタイルに合わせ扇風機も多様化してきます。お客様のあったらいいな、の声や市場性を考慮し、弊社では3種の扇風機の販売に着手いたしました。

・更に節電したい方へ『DCモーターファン』
通常の扇風機は強風の場合、電気代は1円/時間かかります。しかしDCモーターを搭載したこの扇風機は、最小風量設定で0.063円/時間、最大風量設定で0.492円/時間と節電効果が期待できます。

・エアコンとセットで使用『サーキュレーター』
扇風機市場の約10%を占めているサーキュレーター。直線的な風を送り、エアコンの風をかくはんして部屋を快適に整えます。無駄な電気代をカットできるため、通年でお使いいただけます。

・おしゃれな扇風機が欲しい方へ『ハイポジションファン』
人の集まるリビングにおいて、高機能やリモコン付はもちろん、外観がスマートなものへの需要が高まっています。イスとテーブルの生活に合った、少し背の高いものがお好みの方へお勧めです。


◆商品概要
商品名  : リビングファン(DCモータータイプ)
発売予定日: 4月下旬より順次全国発売
売価   : 14,700円(税込)
カラー  : ホワイト/ライトグレー、グレー/ダークグレー
サイズ  : H700 or 970×W340×D280mm
消費電力 : 最小風量設定で0.063円/時間、最大風量設定で0.492円/時間

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング