「遮熱カーテン」の売上げが好調。1年間で売上げ累計額5億円突破!なかでも「遮熱レースカーテン」は取り扱い数が昨年比2.4倍に増加!

@Press / 2012年5月21日 10時0分

遮熱レースイメージ
 カーテン、じゅうたんの専門チェーンストアを展開している株式会社カーテン・じゅうたん王国(本社:東京都中央区、代表取締役会長兼社長:山本 敞政)は、販売・展開している遮熱カーテンの売上げ好調につき、この度、遮熱レースカーテンの取り扱い数を昨年比2.4倍に増加しました。デザインやカラーバリエーションがさらに充実。様々なインテリア・部屋タイプにマッチするようになりました。


■ 東日本大震災以降、節電意識が向上
  戸建て住宅購入時やリフォーム実施時を中心に13万枚を販売

 外の熱を室内に伝わりにくくすることで冷暖房機の効果を高め、また節電効果も期待される遮熱カーテン。カーテンじゅうたん王国では、2008年から遮熱カーテンの取り扱いを開始。昨年の東日本大震災をきっかけとした節電意識の高まりにより、購入お申込みが増加しました。特に戸建て住宅の新築物件購入時や、リフォームの際に購入される傾向が多く、2011年4月から2012年4月までの売上高は5億円を突破、販売総数は約13万枚を記録しました。


■ デザインなどのバリエーションを強化し、22アイテムから54アイテムと大幅に増加

 カーテンじゅうたん王国では、カーテン専門店として、節電ニーズに応えながら「遮熱カーテン」シリーズを大幅に増加。レースタイプの遮熱カーテンは、機能商品に特化した無地ベーシックだけでなく、花柄やリーフ柄などのデザイン、そしてカラーも充実させ、昨年の22アイテムから54アイテムと豊富に揃えました。


【オリジナル商品の遮熱レースカーテン「Pool Refine」シリーズも好評発売中】

 カーテンじゅうたん王国では、帝人ファイバー株式会社と共同開発したオリジナル商品である遮熱レースカーテン「Pool Refine」シリーズを2012年より発売しており、「夏の節電対策としての遮熱効果は重要」「夏・冬の掛け替えは面倒」「冬はやはり断熱効果のあるものが良い」といった、年間通じて利用できる機能性カーテンを求めている方に好評を博しています。「Pool Refine」は、“遮熱”だけでなく“断熱”のダブルの機能をもち、夏は強い日差しによる室温上昇を抑え、冬は室内の暖かい空気を外に逃がさないことで、夏も冬も快適に暮らすことができる、掛け替え不要の通年型節電商品です。


■ およそ2℃の違いが。遮熱・断熱のダブル効果の素材によって節電効果

 「Pool Refine」シリーズの特徴は素材となっているポリエステル繊維。人体に影響のない特殊な金属酸化物が封入されており、熱を反射します。これにより、夏の暑い時期には日光熱を反射して室内に熱が伝わるのを防ぎ、寒い冬の時期には、エアコンやヒーターなどの暖房機で暖まった空気を室内に留めます。通常のレースと比べた場合、約2℃の遮熱・断熱効果があります。
 また、UVカット効果にも優れ、77.8~91.0%(商品により異なる)の紫外線をカットし、肌だけでなく家具などインテリアの日焼けを低減します。

価格 :2,800円~
サイズ:一間一窓(巾100×丈176cm 2枚入)


【会社概要】
社名  : 株式会社カーテン・じゅうたん王国
所在地 : 〒103-0007 東京都中央区日本橋浜町2丁目62番6号
            品川不動産浜町ビル8階
代表  : 代表取締役会長兼社長 山本 敞政
設立  : 平成8年8月8日
資本金 : 2億1千万円
事業内容: 1.インテリア関連商品の販売
      2.インテリア店鋪経営のフランチャイズ契約および経営指導
URL   : http://www.oukoku.co.jp/index.php

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

販売総数グラフ 遮熱&断熱ピクト図

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング