京都精華大学がデザイン学部に「イラスト学科」を開設―荒井良二、山本容子、スージー甘金氏ら著名クリエーターが教員に―

@Press / 2012年5月22日 16時0分

荒井 良二氏 作品(セルフポートレート)
京都精華大学(所在地:京都市左京区、学長:坪内 成晃)は、2013年4月、デザイン学部に「イラスト学科」を開設します。現ビジュアルデザイン学科イラストレーションコースを2倍の規模に拡張し、収容定員64名の「イラスト学科」として、さらに広範囲に、より専門領域に特化した教育を目指します。
文部科学省への届出を4月に済ませましたので、就任予定教員、カリキュラムなどについてお知らせいたします

■イラスト学科(定員64名)

1.開設の背景
「イラスト」ということばは本来、ビジュアルデザイン領域で使われる「イラストレーション」の略語ですが、今やその概念を超えて多様化し、広く浸透して、単純に「絵を描く」ことを「イラストを描く」と表現することもしばしばです。
一方で、ソーシャルメディア、書籍の電子化を含めたデジタル技術のめまぐるしい更新は、我々に双方向性、共時性がますます加速した高度で高密度なコミュニケーションを次々と提供しつづけ、デザインのフィールドは劇的な変革の時を迎えています。
広告や出版、印刷といった旧来のデザイン関連業界は、その業態やシステムの刷新を余儀なくされる一方、その変化は「イラスト」を含めたビジュアルコミュニケーションの拡張を意味し、新たな可能性を追求する好機であるとも言えます。
イラスト投稿サイトをはじめとして、誰もが「イラスト」を描き、誰もが社会に向けて発信できる時代を迎え、美術系大学を目指す受験生も、その多くが「イラスト」を志向しています。この時代の要請、すなわちコミック系から現代美術まで、「イラスト」が指す領域の拡がりに対応した方向性の多角化を目指して、2013年度より、従来のイラストレーションコースをさらに充実・発展させ、新たに「イラスト学科」を開設します。


2.学科概要
「イラスト」の本質は、「描く」ことと、「伝える」ことに集約されます。他者を意識し、何かを「伝える」ために、人は「描く」。つまり、伝えたいこと、伝えなければならないことを、何らかのメディアにのせてコミュニケーションをはかるための表現が「イラスト」なのです。
「イラスト」の表現はデータ化され、複製され、メディアにのって社会に発信され、拡がっていきます。ゆえに「イラスト」は、広告、ポスター、書籍、絵本、テレビ、ウェブ、ケータイ、ゲーム、現代美術など、あらゆるメディアや表現ジャンルを横断し、様々な展開を可能にします。

@Press

トピックスRSS

ランキング