横浜市内最大の“安心・安全”エコタウンが7月に販売開始 震災後の「住宅への意識」に対応し、リストガーデンダイヤモンドパーク誕生 日本初の日産「LEAF to Home」導入も

@Press / 2012年6月5日 11時0分

ダイヤモンドパーク公園イメージ
 総合不動産会社のリスト株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:北見 尚之)は、“安心・安全のエコタウン”をコンセプトにした、横浜市内最大(※1)のエコタウン『リストガーデンダイヤモンドパーク』を、2012年7月に販売を開始することとなりましたので、発表いたします。
 なお、『リストガーデンダイヤモンドパーク』は、日産自動車株式会社の電気自動車「リーフ」による「LEAF to Home」を導入した日本初(※2)の戸建分譲団地となります。

※1:横浜市内において100棟を超える戸建分譲団地でEVカーシェア・LEAF to Home・太陽光発電システム全棟標準装備導入したエコタウンとしては横浜市内最大となります。当社調べ(2012年6月1日現在。)
※2:戸建分譲団地における導入事例として日本初となります。日産自動車株式会社調べ(2012年6月1日現在。)

【コンセプト“安心・安全のエコタウン”について】
■大震災で住居への意識が変化。これから必要なのは“3つの要素”

 東日本大震災の影響により、耐久性・耐震性への不安が高まったことや、福島第一原子力発電所の事故を受け、エネルギーの供給に対する不安などを起点として、「安心・安全を与える家づくり・街づくりを行いたい」という想いのもと、この度誕生するのが『リストガーデンダイヤモンドパーク』です。
 街のコンセプトは“安心・安全のエコタウン”。このコンセプトは、以下3つの要素から成り立っています。

 参考:読売新聞が2012年2月に実施した「都市生活者Web調査」によると、
    2011年2月の調査時と比べて、「地震等の災害時の耐久性が不安」が
    12.1ポイントも上昇しています。
    http://yomi-lab.com/investigation/20120524/120524.html

■要素1:【交わる】~街中心に約1,000平米の大規模公園を設置~

 居住者同士のつながりを軸に街の交流や地域との融合を考え、街の中心に1,000平米もの大きさの公園を用意。この規模の開発では500平米程度の公園を設けるのが一般的ですが、『リストガーデンダイヤモンドパーク』では、居住者同士はもちろん、周辺にお住いの方々ともコミュニケーションが取れるように、標準的広さの約2倍である1,000平米もの大きさの公園を設けました。この公園は、この街のシンボルでもあります。

■要素2:【まもる】~日本初の「LEAF to HOME」導入で万が一にも対応~

 この要素は、居住者を「まもる」ことを軸に、人命の保護だけでなく環境を維持するための街づくりを行います。
 停電時や節電対策として、日産自動車株式会社による「LEAF to Home」を戸建分譲団地として日本で初めて導入します。「LEAF to Home」は、日産「リーフ」のバッテリーを蓄電池として活用し、住宅に電気を供給できるシステム。平時にはもちろん、災害で停電が発生した際には、「リーフ」に充電した電力を家庭用の電力として活用することが可能になります。

 そして、『リストガーデンダイヤモンドパーク』には、電気自動車である日産「リーフ」のカーシェアリングも用意しており、このカーシェアスペースにも「LEAF to Home」のシステムを1台設置し、非常時にカーシェア用日産リーフ2台を電源として活用できるようにしています。加えて、このカーシェアスペースには、余地を利用してトイレスツール等の防災ファニチャーを設け、万が一の際に備えた「安心」を創出しています。

 また、居住者が安全・安心に暮らせるために、外部からの通り抜け通行がしにくく、また、十字路を設けないことで、出会いがしらの事故を予防、そして車のスピードが上げにくい街路設計を行います。また、緑が豊富になるこの街の玄関口は、街並みの景観をまもる建築協定も設けます。


■要素3:【創る】~大震災で、時代は省エネから「創エネ」へ~

 東日本大震災の影響により、日本全体でエネルギー供給の在り方を見直さざるを得ない状況となりました。そのような状況の中で、『太陽光発電システム』がエネルギー供給源として改めて注目されています。
 このような時代の流れを受け、『リストガーデンダイヤモンドパーク』では、全棟に太陽光発電システムを標準搭載します。(太陽光発電システムは、パナソニック社製のHITを採用)

 また、環境面への配慮をより分かりやすく伝えるため、財団法人建築環境省エネルギー機構主催の環境評価「CASBEE」において、最高位である「Sランク」の認証を受ける予定(現在申請中)となっております。加えて、ホームエネルギーマネジメントシステム(※3)の普及を促進すべく、「エネルギーの見える化」を実現するECOマネシステム(パナソニック社製)も導入いたします。

※3:ホームエネルギーマネジメントシステムについて
 家電機器や給湯機器等住宅内のエネルギー消費機器をIT技術でネットワーク化し、自動制御するシステム。電機機器等の使用量を制限してエネルギーの消費量を抑えることが可能。

【リストガーデンダイヤモンドパーク 概要】
総住戸数 : 127棟
総事業費 : 約50億円
所在地  : 神奈川県横浜市旭区市沢町910-1
発売日  : 2012年7月1日(日)
土地面積 : 100~130平米
建物面積 : 95~105平米

【会社概要】
会社名  : リスト株式会社(LIST Co.,Ltd.)
設立   : 1991年5月10日
所在地  : 神奈川県横浜市中区尾上町4-47 リスト関内ビル
資本金  : 8億8,800万円
売上   : 318億円(2010年度売上)
代表取締役: 北見 尚之
従業員  : 269名(2012年6月1日現在)
業務種目 : マンション、戸建住宅の企画、開発、分譲
       不動産の売買・賃貸の仲介等
URL    : http://www.list.co.jp/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

ダイヤモンドパーク公園全体イメージ ダイヤモンドパーク街並みイメージ1 ダイヤモンドパーク街並みイメージ2

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング