1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

ペット服に可変QRコードを装着して迷子のペットを光探索!スマホ撮影でペットの写真と連絡先を表示

@Press / 2021年10月12日 10時0分

可変QRコードでペットの写真と連絡先を表示
NPO法人光探索協会(大阪府大阪市、理事長:前田 佳伸)は、光探索システムを開発し、書き換え可能なQRコードを使用した再帰性反射グッズの普及を展開しています。この可変QRコードは、登録情報(写真、メッセージや連絡先)を自由に書き換えることが可能です。街の中において、迷子のペットを誰かにスマホで撮影してもらうことによって、あなたのペットの連絡先が判明します。NPO法人光探索協会では、このような本光探索システムの社会への普及を目指して、企画・支援いただけるサポーターを募集しています。


【光探索システムとは】
再帰性反射材という入射した光を入射方向に高精度に再反射するマテリアルで印刷されたグッズに、光を照射して山岳遭難者や迷子を探索するシステムです。一般的に再帰性反射材は高速道路の標識や夜間に目立つテープ状反射材としても使用されています。その再帰性反射材に特別な可変QRコードを付加することによって、個別識別を可能としています。この可変QRコードは登録情報(写真、メッセージや連絡先)を自由に書き換えすることができることから、メッセージとして記入された個別情報は遭難や迷子時に大変有効な情報になります。


【NPO法人光探索協会】
当協会は、再帰性反射QRコードを普及して、主に光探索システムによって山岳遭難救助を目指す社会貢献活動を行っています。この度、登録情報が書き換え可能な可変QRコードシステムを開発しました。本システムは山岳遭難者用以外に、認知症や徘徊老人の衣服に着用したり、犬や猫のペットの服に装着して迷子対策に応用することが考えられます。
NPO法人光探索協会では可変QRコードを普及するために、オリジナルなロゴや名前をプリントしたTシャツやグッズの受注も受け付けています。例えば、老人ホームなどの施設やグループで、ユニホーム的に可変QRコードを装着する場合、施設名やグループ名を入れた上着なども受注作製します。勿論、NPO法人光探索協会の個別番号を発行しますので、行方不明になった時も安心です。さらに、犬猫用のQRコードについては、あなたのお気に入りのペット服にオリジナルに装着することも受注します。お気軽にご用命ください。このようなNPO活動に賛同いただいて、活動を企画・援助していただけるサポーターを広く募集しています(下記にメールでご連絡ください)。

URL: https://saikiseiqrcode.wixsite.com/qrcode


【書き換えが可能な可変QRコードグッズについて】

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/277339/LL_img_277339_1.jpg
可変QRコードでペットの写真と連絡先を表示


画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/277339/LL_img_277339_2.jpg
ペットのQRコードをスマホで撮影


画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/277339/LL_img_277339_3.jpg
いろいろな分野に可変QRコードを活用


画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/277339/LL_img_277339_4.jpg
可変QRコードで写真や連絡先を表示

<特徴>
1. 登録した情報(写真や連絡先、メッセージ)は何度でも書き換えが可能
2. 犬猫のペットの服に付けてスマホで捜索が可能
3. 自分のアピールや店の宣伝に活用可能
書き換えが可能なQRコード再帰性反射TシャツにプリントされたQRコードは、遭難時にサーチライト搭載ドローンを用いた光探索システムで捜索が可能です。再帰性反射材は、入射した光を入射方向に高精度に反射します。その反射強度は周囲に比べて桁違いに強いので、高感度の望遠カメラと光強度分布をマッピングした光探索専用ソフトで探索することが可能です。

サンプル動画
https://www.youtube.com/watch?v=Jvq-7ee7G-Q

TシャツにはNPO法人光探索協会発行のオリジナル番号が付与されているため、遭難時には上記光探索システムによって登録されているQRコードが認識できます。個別識別ができれば、ただ単に捨てられている再帰性反射材などによるゴミ信号と区別ができ、捜索活動がスムーズに行われます。また、本アイテムを内側に着用していれば、緊急時にはTシャツをアウターの上に羽織ったり、動画のように石などを包み込んで空の見えるところに設置しておけば、発見される確率が高まります。(電池など不要)
例えば、登山した山小屋がWi-Fiやスマホの接続環境であれば、「明日は8時から某山に登頂します。」などメッセージを自由に書き込むことも可能です。この登山情報は、遭難時に大変有効な情報になります。


【Tシャツイメージ】

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/277339/LL_img_277339_5.jpg
Tシャツサンプルイメージ


画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/277339/LL_img_277339_6.png
サイズ表一覧

<価格> 3,000円(税込)
<カラー>2カラー(カナリアイエロー、ガンメタル)
<サイズ>4サイズ(S、M、L、XL)
<素材> ポリエステル 100% リバーシブルメッシュ

<販売先>
NPO法人光探索協会商品ページ
https://hikarisearch.base.shop


【法人概要】
法人名 : NPO法人光探索協会
代表者 : 理事長 前田 佳伸
所在地 : 〒556-0022 大阪府大阪市浪速区桜川1-2-4 ZEN203
設立 : 2019年10月
事業内容 : 光探索システムの開発および可変QRコード再帰性反射ウェア&グッズの普及
URL : https://saikiseiqrcode.wixsite.com/qrcode


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

【関連画像】

ペットのQRコードをスマホで撮影 いろいろな分野に可変QRコードを活用 可変QRコードで写真や連絡先を表示

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング