ファッション業界初!レディースブランド『furamu clip』、展示会を専門商社と共同開催~糸の専門商社 丸安毛糸と共に、ストーリーを素材からひも解く~

@Press / 2012年6月14日 9時30分

婦人服の企画、製造、卸、小売りまでを行う株式会社ピーアイ(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:奥ノ谷 圭祐/以下:ピーアイ)は、自社でデザインを手がける人気レディースブランド『furamu clip(フラム クリップ)』の2012年秋冬展示会を、糸の専門商社である丸安毛糸株式会社(本社:東京都墨田区/代表取締役社長:岡崎 博之)と共同で開催します。アパレルメーカーとその仕入れ先である専門商社との展示会共同開催は、ファッション業界初となります。

『furamu clip』: http://furamuclip.com/


【共同開催に至る背景・経緯】

同質化が進む時代の中で大切なこと
~素材に触れ、作り手の想いを感じる~

インターネットの普及によりトレンド情報が広まり、商品・デザインの画一化が進んだことによって、店頭には類似商品が溢れるようになりました。ピーアイ代表 奥ノ谷はそのような時代において、従来の“製品だけをお披露目する展示会形式”に疑問を持ち、「商品を作った人の顔、背景、素材がわかる」展示会を考案。商品そのものの価値はもちろん、その商品背景を取引先に伝える試みを実施します。

糸の専門商社である丸安毛糸社( http://www.maruyasu-fil.co.jp/ )は、多くの協力工場を持ち、特定の素材に縛られることなく幅広い要望に応えられる強みがあります。また、貴重なイタリア糸のストックを持つなど、高品質に定評のある同社とピーアイは、数十年にわたり生産協力体制をとってきました。通常、アパレルメーカーとその仕入れ先である専門商社は「仕事の発注・受注」関係しかありませんが、長年の付き合いからピーアイは今回の合同展示会を同社に打診。岡崎社長の快諾を得て、同社ニットラボ内で初の展示会開催が決まりました。

映画の告知風の特大DMやパロディなど、ユニークな招待状で知られる『furamu clip』は、展示会自体をこれまでと違うものにし、“商品のストーリー”を伝えることで、取引先に新しい価値を提供します。

≪(左)丸安毛糸 岡崎社長 (右)ピーアイ 奥ノ谷≫
http://pi-tokyo.co.jp/201206/20120603.jpg
≪丸安毛糸社エントランス マスコットがお出迎え≫
http://pi-tokyo.co.jp/201206/20120605.jpg
≪イタリアLINEAPIU社のコットンリネン≫
http://pi-tokyo.co.jp/201206/20120601.jpg

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング