福岡のベンチャー企業リーボが超小型モビリティ向けカーシェアリングシステム「こでかけ」を開発

@Press / 2012年7月17日 9時30分

スマートフォンアプリイメージ
 「Smart your life」を企業ビジョンに掲げ、システム開発と小型電気自動車のレンタル事業を行う株式会社リーボ(本社:福岡市中央区、代表取締役:松尾 龍馬、以下リーボ)は、国土交通省が普及を進める1、2人乗りの小型の電気自動車「超小型モビリティ」向けに、スマートフォンを用いたカーシェアリングシステム「こでかけ」を開発し、2012年7月25日より、全国の自治体や事業者を対象に販売を開始いたします。

「こでかけ」
http://reevo.jp/service/codekake/


■開発背景
 超小型モビリティは、自動車よりコンパクトで小回りが利き、環境性能に優れ、地域の手軽な移動の足となる次世代の乗り物として普及が期待されています。今年6月、国土交通省が「超小型モビリティ導入に関するガイドライン」を発表した事を受け、自治体主導での導入検討が始まっております。
 昨年度、リーボは同省が行った実証実験の一部を受託して超小型モビリティのカーシェアリング事業を運営いたしました。その事業経験から、今後超小型モビリティのカーシェア需要が拡大することをにらみ、このたび超小型モビリティに特化したカーシェアリングシステム「こでかけ」を開発いたしました。「こでかけ」は、自家用車の保有率が低い都市部や、観光スポットが点在する観光地での手軽に借りられるモビリティサービスとして、電車・バスに続く新しい交通インフラの構築を目指します。


■「こでかけ」システム概要
<システム構成>
 「こでかけ」システムはスマートフォンアプリ(ユーザー用)、WEBアプリ(管理者用)、専用車載器からなり、導入先の要望によりデザインや機能のカスタマイズが可能です。専用車載器は現在市販されているミニカー基準(原付四輪)の超小型モビリティには全て対応可能で、今後市販される車両にも順次対応していきます。

スマートフォンアプリイメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/28694/1_1.jpg

車載器セット
http://www.atpress.ne.jp/releases/28694/2_2.jpg

車載器取り付けイメージ
http://www.atpress.ne.jp/releases/28694/3_3.jpg

※機器および画面はすべて開発中のものです

<特徴>
1. スマートフォンアプリによる貸し出し
 「こでかけ」は専用スマートフォンアプリによる貸し出し機能を基本としています。ユーザーはアプリ内で会員登録し、貸し出し拠点でアプリを起動・操作すればすぐに車を借りる事ができます。また、課金は利用時間に応じてアプリ内で行うため、煩わしいカード情報の登録や銀行振込などは必要ありません。対応OSは国内スマートフォンの大半を占めるiOS/Androidの両OSです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング