賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2012年7月および関西圏版 2012年7月を発表

@Press / 2012年7月26日 10時30分

1都3県マンション系空室率
 不動産評価Webサイト「TAS-MAP」( http://www.tas-japan.com/ )を運営する株式会社タス(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:立野 良太郎)は、「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2012年7月」および「賃貸住宅市場レポート 関西圏版 2012年7月」を発表しました。

 首都圏版では「千葉県 構造的な問題と震災の影響」および「2012年5月期の1都3県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載しています。

 また関西圏版では「間取り別空室率TVIの動向」および「2012年5月期の2府1県賃貸住宅指標(空室率TVI(タス空室インデックス)、募集期間、更新確率、中途解約確率)」を掲載しています。
 これらの分析はアットホーム株式会社の賃貸住宅データを用いて行われています。

詳細PDF:「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2012年7月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol31_residential20120726.html

     「賃貸住宅市場レポート 関西圏版 2012年7月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol3_resikansai20120726.html


1.首都圏版の概要
(1) 千葉県 構造的な問題と震災の影響
 人口が減少傾向にある千葉県においても、人口、世帯数共に増加傾向にある市区もあり、千葉県内で二極化が進んでいることがわかります。現在のところ、ほとんどの市区では世帯数の増加傾向が継続していますので、当面住宅市場は堅調に推移すると思われます。しかしながら、構造的に人口が減少している地域は、近い将来世帯数も減少に転じ、住宅市場が縮小していくことが予想されます。また、震災の影響で人口が減少傾向にある地域についても同様に、世帯数が減少に転ずる可能性があるため注意が必要です。

(2) 2011年5月期1都3県賃貸住宅指標
 マンション系の空室率TVIは埼玉県で微増傾向となっています。また東京市部についても空室率TVIの回復が足踏み状態となっています。

図 1都3県マンション系空室率TVIの推移:
http://www.atpress.ne.jp/releases/28858/A_1.JPG

<東京都全域>
空室率TVI(ポイント):11.93
募集期間(ヶ月)   : 3.13
更新確率(%)    :42.60
中途解約確率(%)  :38.73

<東京都23区>
空室率TVI(ポイント):11.75
募集期間(ヶ月)   : 3.15
更新確率(%)    :42.22
中途解約確率(%)  :39.07

<東京都市部>
空室率TVI(ポイント):15.02
募集期間(ヶ月)   : 3.02
更新確率(%)    :44.88
中途解約確率(%)  :36.74

<神奈川県>
空室率TVI(ポイント):12.54
募集期間(ヶ月)   : 3.52
更新確率(%)    :43.25
中途解約確率(%)  :41.11

<埼玉県>
空室率TVI(ポイント):15.85
募集期間(ヶ月)   : 3.44
更新確率(%)    :44.48
中途解約確率(%)  :38.52

<千葉県>
空室率TVI(ポイント):12.78
募集期間(ヶ月)   : 3.34
更新確率(%)    :45.69
中途解約確率(%)  :39.40

※これらの指標は、アットホーム株式会社の賃貸住宅データを用いて分析されています。

詳細はPDFファイルをご参照ください。
「賃貸住宅市場レポート 首都圏版 2012年7月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol31_residential20120726.html


2.関西版の概要
(1) 間取り別空室率TVIの動向
 大阪府においてはバブル期以降、1Kの大量供給が継続しており、市場に多くの築古物件が滞留していると思われます。このため、1Kは徐々に空室率TVIが上昇をしています。また、2K、2DK、3DKに関してはバブル期以降の新規供給がほとんどなく、現在流通している物件は築古のものが多くなっています。カップル向け、家族向けの築浅物件は1DK、1LDK、2LDK、3LDKに集中しており、これらが2K、2DK、3DKの市場を吸収しています。
 京都府の賃貸住宅は主に単身者向けに提供されており、1Kと1Rの合計は各年の新築の7割以上を占めています。特にバブル期以降は1Kを中心に供給されているため1Kと1Rの空室率TVIが上昇しています。大阪と同様に2K、2DKに関しては築古物件が多いため空室率が高くなっています。
 兵庫県についても基本的な傾向は同様ですが、2000年頃までに供給が多かった2DK、3DKが、2007年以降に供給が増加した1LDK、2LDKに市場を奪われる形で空室率TVIが高くなっています。

(2) 2011年5月期2府1県賃貸住宅指標
 大阪府、京都府、兵庫県とも空室率TVIは微減傾向です。アパート系空室率TVIは横ばい、マンション系空室率TVIは微減傾向となっています。

図 2府1県マンション系空室率TVIの推移:
http://www.atpress.ne.jp/releases/28858/B_2.JPG

<大阪府>
空室率TVI(ポイント): 8.04
募集期間(ヶ月)   : 4.72
更新確率(%)    :52.59
中途解約確率(%)  :37.61

<京都府>
空室率TVI(ポイント):14.04
募集期間(ヶ月)   : 5.86
更新確率(%)    :34.64
中途解約確率(%)  :61.20

<兵庫県>
空室率TVI(ポイント):12.00
募集期間(ヶ月)   : 5.05
更新確率(%)    :46.74
中途解約確率(%)  :44.22

詳細はPDFファイルをご参照ください。
「賃貸住宅市場レポート 関西圏版 2012年7月」
http://www.tas-japan.com/pdf/news/residential/Vol3_resikansai20120726.html


■株式会社タスについて
 インターネットによる不動産評価、及び不動産情報サービス等を提供する「TAS-MAP」を運営するトヨタグループ会社のアプリケーションサービスプロバイダー(ASP)です。

会社名  : 株式会社タス(英語名 TAS Corp.)
所在地  : 東京都中央区八丁堀2-25-9
       トヨタ八丁堀ビル7F
設立年月日: 2000年8月28日
資本金  : 1億8千万円
出資   : トヨタ自動車株式会社
       朝日航洋株式会社
       株式会社三友システムアプレイザル
       豊田通商株式会社
Web    : http://www.tas-japan.com/

@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

2府1県マンション系空室率

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング