エムコマース、利用履歴管理機能を追加した指紋認証USBメモリ 「Biocrytodisk-ISPX Track(仮称)」の開発に着手

@Press / 2012年8月30日 14時0分

指紋認証USBで自動ログ
 エムコマース株式会社(本社:神奈川県横浜市神奈川区、代表取締役社長:吉野 則幸、以下 エムコマース)は、利用履歴(ログ)管理機能を追加した指紋認証USBメモリ「Biocrytodisk-ISPX Track(バイオクリプトディスク・アイエスピーエックストラック)」(仮称)の開発に着手しました。販売開始時期は2012年10月を予定しています。


 業務における情報セキュリティは非常に重要視されており、ネットワークをはじめとするIT環境においてもさまざまなセキュリティ対策がなされています。社内のPCにはデバイス制御とウィルス対策を施し、従業者にはセキュリティ対策USBメモリを配布するなど、装置側の施策で情報漏洩を防止し、従業者に対する情報セキュリティポリシーの徹底を行っても、「許可されたデバイス」を「許可された利用者」が個人所有のPCやネットカフェなど管理外のPCで利用できる環境が、ウィルス感染や重要データの拡散といった残留リスクとして管理者を悩ませています。

 一方、ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)の導入当初にはUSBメモリのセキュリティ対策にパスワード認証を採用したが、その後運用の現場ではパスワードを共有して「なりすまし」が横行するなど、パスワード認証の欠点が露呈するなか、より完全な対策として、技術が成熟しつつある指紋認証USBメモリの採用が再検討され始めています。

 本製品はセキュリティ対策USBメモリの不正利用という問題点に着目し、使用したPCの履歴情報を自動記録することで利用者のセキュリティポリシーに対する意識を高める、指紋認証USBメモリでは優位性をもった製品です。本人拒否率0.05%の認証精度を誇る指紋認証USBメモリ「Biocryptodisk-ISPX」の基本技術を応用、利用履歴管理機能は機器内に搭載されており、専用ソフトをインストールする必要はありません。2009年の販売開始以降、採用されたお客様のニーズを丹念に集約して生まれた「使用したPCを追跡できる指紋認証USBメモリ」が誕生します。

指紋認証USBメモリ「Biocryptodisk-ISPX」
http://www.m-commercekk.jp/main/isecure.html


■「いつ」「誰が」「PC情報」で管理者が利用履歴を追跡
利用履歴は、ユーザ情報、PCネーム、製造番号、CPUID、HDID、日時が機器内部の秘匿領域に自動記録されます。格納されるエリアは一般利用者には閲覧できません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング