ITエンジニアのための実務スキル評価サービス『CodeIQ』の機能を大幅拡充

@Press / 2012年10月29日 10時0分

『CodeIQ』サービスロゴ
株式会社リクルートキャリア(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:水谷 智之)が運営する、2012年6月に開始したITエンジニアのための実務スキル評価サービス『CodeIQ』( https://codeiq.jp/ )を、この度リニューアルいたしました。


■第一線で活躍するITエンジニアから出題された問題に一般ユーザーがチャレンジ!採用につながることも

『CodeIQ』は、第一線で活躍するITエンジニアが出題した問題に一般ユーザーが無料で“挑戦”し、そのアンサーに対して出題エンジニアから評価フィードバックをもらえるサービスです。社会一般から見たITスキルではなく、その出題エンジニアに自分のスキルがどのように評価されるのかを知ることができます。採用プロセスにおいては、職務経歴書では判断しづらいスキルを、実際に問題を解くことによって出題エンジニアにアピールでき、出題エンジニアは優秀な解答者とMeetup(オン・オフライン問わず出題エンジニアと解答者が出会うこと)することで、自社が必要としているスキルを持つ人材を獲得する機会にもつなげられます。(※)

ローンチ後、約4カ月で約1,000人の挑戦が行われ、多くのユーザー・企業の方々にサービスに参加していただいています。

※人材獲得・採用が前提ではなく、あくまでもITエンジニア同士が交流する場を提供するサービスが『CodeIQ』です。
 交流が活発になり、企業が必要とするスキルを持つエンジニアとMeetupすることで、「うちに来ない?」といった誘いにつながること(=誘われ転職)も起こせる場が、『CodeIQ』の提供するサービスです。


■ログイン可能なソーシャルアカウント追加、挑戦/評価履歴のスキルプロフィール公開も可能に

この度のリニューアルでは、多くのユーザーからのご要望にお応えしました。これまでは未対応だったGitHubやTwitterアカウントでのログインが可能になり、さらにユーザー自身の挑戦履歴や出題エンジニアからの評価履歴を『CodeIQ』を利用する出題エンジニア/企業に公開できるようになるなど、大幅に機能を追加しました。


【リニューアル詳細】
<1.ログインに利用できるソーシャルアカウント追加>
これまでのFacebookに加え、GitHubやTwitterアカウントでもログインできるようになりました。より手軽にサービスを利用していただけます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング