国内最大級のオリジナル缶バッジ製造サービス「セカンドプレス」新アイテムの取り扱いを開始

@Press / 2012年11月9日 9時30分

セカンドプレスウェブサイト
 年間600万個以上の生産実績を誇る国内最大級のオリジナル缶バッジ製造サービス「セカンドプレス」(運営:株式会社日本カラー、所在地:京都市左京区)は、新しく「キーホルダー」「ストラップ」「マグネット」「クリップピンタイプ缶バッジ」の取り扱いを2012年11月7日より開始致しました。

 セカンドプレスは、缶バッジの持つ「非常に小さな印刷物である」という特性に合わせて開発した高精細・高発色のインクジェット印刷技術をはじめ、高い品質でユーザーの皆様から大きなご支持を頂いて参りました。
 この度新しく取り扱いを開始したセカンドプレスの「キーホルダー」「ストラップ」「マグネット」は、この突出した高品質を誇る缶バッジをオモテ面に使用した特色あるオリジナルグッズです。
 これまでのオリジナル缶バッジ製造で培われた高品質を新しいアイテムでもご提供致します。
 また、缶バッジでは通常のフックピンタイプに加え、クリップと安全ピンの併用タイプ(クリップピンタイプ)も選択可能に。ご活用の幅が広がりました。

ウェブサイトURL: http://www.secondpress.us/


■背景・趣旨
 セカンドプレスはこれまで、お客様のオリジナルデザインでご注文頂ける缶バッジ専門のショップとして歩みを進めて参りました。
 その中で、リピーターのお客様・新規のお客様いずれからも、缶バッジの他に、ストラップやマグネットの取り扱いはないかという問い合わせを多数頂いておりました。

 このようなニーズに応えキーホルダー、ストラップ、マグネット、クリップピンタイプ缶バッジの取り扱いを開始するにあたり、セカンドプレスではこれまでに築き上げた高品質の缶バッジを、それらの新製品の本体部分として採用しました。

<共通の特長>
 セカンドプレスで取り扱うストラップ、キーホルダー、マグネット、クリップピン缶バッジは、いずれも全てオモテ面本体にはセカンドプレスの高品質缶バッジパーツを使用。
 ウラ面に通常のフックピンに代えて、ストラップパーツ、キーホルダーパーツ、マグネット、クリップピンを取り付けた仕様のものです。

 缶バッジ印刷で培われた高精細・高発色のインクジェット印刷技術を全タイプの製品に採用しています。セカンドプレスのきめ細やかな印刷、瑞々しい発色は、高い品質を求める版権元企業などからも高い評価を受けてきました。セカンドプレスならではの印刷美を全タイプの製品で実感頂けます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
@Press

トピックスRSS

ランキング