効果的な節電を実現する「Smart Eco」機能を搭載し、高輝度・多機能でビジネスや教育シーンをサポートする、リアルWXGAモデル「MW519」、XGAモデル「MX520」を新発表

@Press / 2012年11月27日 13時0分

MW519
ベンキュージャパン株式会社(本社:東京都文京区本郷3-3-11、代表執行役社長:マーティン・モーレ、以下 BenQ)は、プロジェクターの新製品としてリアルWXGAモデル「MW519」とXGAモデル「MX520」を発表いたします。
「MW519」はWXGA(1280×800)の解像度で、高輝度2,800ルーメンと高コントラスト比13000:1を実現したDLPプロジェクターで、「MX520」は、XGA(1024×768)の高解像度で、高輝度3,000ルーメンと高コントラスト比13000:1を実現したDLPプロジェクターです。「MW519」「MX520」では、より効果的な消費電力の削減を行なうために、「Smart Eco(スマートエコ)」モードを搭載しました。ランプ設定を「スマートエコ」モードに設定すると、コンテンツの輝度レベルを自動検出し、ランプの消費電力を、30~100%の範囲でダイナミックに調整します。スマートエコ使用時のランプ寿命は、約6,500時間となり、従来のプロジェクターに搭載されていたエコモードよりも、更にランプの長寿命化と効果的な節電を実現します。
基本的な機能も充実しており、3D対応や黒板モード(5色)、クイッククーリング機能、デジタルズーム(2倍)やHDMIを搭載し、会議室でのプレゼンテーションの使用はもちろん、学校の授業やご家庭でのご使用など、様々な場面でご使用いただけるマルチユースプロジェクターです。

■製品イメージ
「MW519」 http://www.atpress.ne.jp/releases/31803/1_1.jpg
「MX520」 http://www.atpress.ne.jp/releases/31803/2_2.jpg


【製品概要】
機種名       :MW519、MX520
カラー       :ピアノブラック
発売日       :2012年12月11日(MW519)、2012年12月4日(MX520)
メーカー希望小売価格:オープン価格
市場想定売価(税込) :59,800円


■「MW519」の主な特長
<WXGAの高解像度で2,800ルーメンの高輝度と13000:1の高コントラスト比>
高解像度WXGAで、ワイド(16:10)に標準対応した製品です。高輝度2,800ルーメンと高コントラスト比13000:1を実現しています。広い会議室や、蛍光灯を点けている部屋の中でも明るくメリハリのある画像を映し出すことができ、照明を真っ暗にしなくともご使用いただけ、効率的なプレゼンテーションが可能になります。

<効果的な節電を実現するスマートエコを機能>
「MW519」では、より効果的な消費電力の削減を行なうために、「Smart Eco(スマートエコ)」モードを新たに搭載しました。ランプ設定を「スマートエコ」モードに設定すると、コンテンツの輝度レベルを自動検出し、ランプの消費電力を、30~100%の範囲でダイナミックに調整します。スマートエコ使用時のランプ寿命は、約6,500時間となり、従来のプロジェクターに搭載されていたエコモードよりも、更にランプの長寿命化と効果的な節電を実現します。

<HDMI端子を搭載>
「MW519」は、HDMI端子を装備しています。様々なAV機器との接続が可能なほか、次世代のレコーダーフォーマットであるブルーレイや、次世代高解像度ゲーム機との接続も可能です。
※全てのHDMI機器への接続保証をするものではありません。

<2Wx1スピーカー搭載>
「MW519」は、2W×1のスピーカーを内蔵。会議時などにも新たにスピーカーを用意する必要がありません。

<ダイレクトパワーオン>
「MW519」は、プロジェクターに電源供給されると、自動的に起動することができます。

<3D対応>
オプションの3D専用メガネ(型番名:3DGS-01)を使用して、DLP Link方式による3D映像をお楽しみいただくことができます。プロジェクターに接続可能な機器は、パソコン(注1)とDVDプレーヤー(注2)になりますが、3Dコンテンツが別途必要となります。

注1)Nvidia Quardro seriesのグラフィックボード搭載のPCで120Hzのリフレッシュレートが必須条件です。
注2)Blu-ray DVDプレイヤーには対応できません。また、HDMI(デジタル)接続は対応できません。(アナログ接続のみ)

<VIDI(TM) Lighting Technology>
赤と青の輝度を約15%上げることにより、より美しい映像を創り出す技術を搭載しています。

<中間色の輝度を向上するBrilliantColor(TM)を搭載>
テキサス・インスツルメンツ社の色彩深度を向上させる技術BrilliantColor(TM)を採用し、自然の風景などに多い中間色の再現性を高めました。さまざまなソースの画像をよりくっきりと、より鮮やかに、より滑らかに映し出します。

<BenQ独自のカラーマッチングテクノロジー「6色カラーホイール」を搭載>
「MW519」は、通常のRGB+白の4セグメントカラーホイールに独自の黄色セグメントとシアン(青緑色)セグメントを追加した6セグメントカラーホイールを採用。今までのDLPプロジェクターでは実現できなかったパステルカラーの忠実な色再現が可能です。パソコン上で作成したデータの色彩を的確にスクリーン上に表現することは大変むずかしいことです。作成したデータとスクリーン上の色彩をマッチさせることにBenQの独自のカラーマッチングテクノロジーが利用されています。さらに、sRGBにも準拠している為、ご使用のパソコン画面上の色と投写された画像の色は非常に近似した色になります。

<インスタントリスタート機能>
急な停電などで電源が落ちてしまった場合でも、ボタン1つですばやく復旧することができる機能です。思いがけないトラブル時もすぐにリスタートが可能となります。


■「MX520」の主な特長
<XGAの解像度で3000ルーメンの高輝度と13000:1のコントラスト比>
「MX520」は、XGAの高解像度で、高輝度3,000ルーメンとコントラスト比13000:1を実現しています。広い会議室や、蛍光灯を点けている部屋の中でも明るくメリハリのある画像を映し出すことができ、照明を真っ暗にしなくともご使用いただけ、効率的なプレゼンテーションが可能になります。

<効果的な節電を実現するスマートエコを機能>
「MX520」では、より効果的な消費電力の削減を行なうために、「Smart Eco(スマートエコ)」モードを新たに搭載しました。ランプ設定を「スマートエコ」モードに設定すると、コンテンツの輝度レベルを自動検出し、ランプの消費電力を、30~100%の範囲でダイナミックに調整します。スマートエコ使用時のランプ寿命は、約6,500時間となり、従来のプロジェクターに搭載されていたエコモードよりも、更にランプの長寿命化と効果的な節電を実現します。

<HDMI端子を搭載>
「MX520」は、HDMI端子を装備しています。様々なAV機器との接続が可能なほか、次世代のレコーダーフォーマットであるブルーレイや、次世代高解像度ゲーム機との接続も可能です。
※全てのHDMI機器への接続保証をするものではありません。

<3D対応>
オプションの3D専用メガネ(型番名:3DGS-01)を使用して、DLP Link方式による3D映像をお楽しみいただくことができます。プロジェクターに接続可能な機器は、パソコン(注1)とDVDプレーヤー(注2)になりますが、3Dコンテンツが別途必要となります。
注3)Nvidia Quardro seriesのグラフィックボード搭載のPCで120Hzのリフレッシュレートが必須条件です。
注4)Blu-ray DVDプレイヤーには対応できません。また、HDMI(デジタル)接続は対応できません。(アナログ接続のみ)

<BenQ独自のカラーマッチングテクノロジー「6色カラーホイール」を搭載>
「MX520」は、通常のRGB+白の4セグメントカラーホイールに独自の黄色セグメントとシアン(青緑色)セグメントを追加した6セグメントカラーホイールを採用。今までのDLPプロジェクターでは実現できなかったパステルカラーの忠実な色再現が可能です。パソコン上で作成したデータの色彩を的確にスクリーン上に表現することは大変むずかしいことです。作成したデータとスクリーン上の色彩をマッチさせることにBenQの独自のカラーマッチングテクノロジーが利用されています。さらに、sRGB にも準拠している為、ご使用のパソコン画面上の色と投写された画像の色は非常に近似した色になります。

<中間色の輝度を向上するBrilliantColor(TM)を搭載>
テキサス・インスツルメンツ社の色彩深度を向上させる技術BrilliantColor(TM)を採用し、自然の風景などに多い中間色の再現性を高めました。さまざまなソースの画像をよりくっきりと、より鮮やかに、より滑らかに映し出します。

<ダイレクトパワーオン>
「MX520」は、プロジェクターに電源が供給されると、自動的に起動することができます。

<スピーカー機能を搭載>
「MX520」は、2W×1のスピーカーを内蔵。会議時などにも新たにスピーカーを用意する必要がありません。


■BenQについて
BenQ Corporationは、コンピューティング(パソコン関連事業)、コミュニケーションズ(通信事業)、コンシューマーエレクトロニクス(家電事業)、という世界マーケットをターゲットとする3C事業のほかに、BenQの強みであるクリスタルTFT技術とクールブランドを合わせた5C戦略を推進しています。
ベンキュージャパン株式会社(本社:東京都文京区、代表執行役社長:マーティン・モーレ)は、BenQ Corporationの日本現地法人です。日本においては、液晶ディスプレイ&プロジェクターを中心に、お客様のハイクオリティライフスタイルを実現できるような商品を常に提案しております。


本件に関するお問い合わせは下記までお願い致します。

■お客様お問合せ先
ベンキュー ジャパン テクニカルサポートセンター 03-5676-6040
月曜から金曜 9:00~17:00 土日祝日・弊社指定日を除く
e-mail お問合せ http://bcc.benq.com/BCCFRONTUI/process/newcase.aspx


■ダウンロード
以下サイトより製品写真をダウンロードしていただけます。ご使用の際は、必ず使用前に、御社名、担当者名、使用媒体名、発売日を上記メールアドレスまでご案内くださいますようお願い申しあげます。掲載後、掲載紙や、URLをご連絡いただけますよう、お願いいたします。又、レビューなどの貸し出し機器の受付も賜っております。上記メールアドレスまでご連絡下さい。

<製品情報URL>
MW519: http://www.benq.co.jp/product/projector/mw519
MX520: http://www.benq.co.jp/product/projector/mx520

<製品写真ダウンロード>
MW519: http://www.benq.co.jp/product/projector/mw519/gallery
MX520: http://www.benq.co.jp/product/projector/mx520/gallery


ベンキュー ジャパン株式会社 ウェブサイト: http://www.BenQ.co.jp
ベンキュージャパンダイレクトショップ   : http://www.benqdirect.jp
ベンキュー グループ ウェブサイト    : http://www.BenQ.com


@Pressリリース詳細ページ
提供元:@Press

【関連画像】

MX520

@Press

トピックスRSS

ランキング