効果的な節電を実現する「Smart Eco」機能を搭載し、高輝度・多機能でビジネスや教育シーンをサポートする、リアルWXGAモデル「MW519」、XGAモデル「MX520」を新発表

@Press / 2012年11月27日 13時0分

MW519
ベンキュージャパン株式会社(本社:東京都文京区本郷3-3-11、代表執行役社長:マーティン・モーレ、以下 BenQ)は、プロジェクターの新製品としてリアルWXGAモデル「MW519」とXGAモデル「MX520」を発表いたします。
「MW519」はWXGA(1280×800)の解像度で、高輝度2,800ルーメンと高コントラスト比13000:1を実現したDLPプロジェクターで、「MX520」は、XGA(1024×768)の高解像度で、高輝度3,000ルーメンと高コントラスト比13000:1を実現したDLPプロジェクターです。「MW519」「MX520」では、より効果的な消費電力の削減を行なうために、「Smart Eco(スマートエコ)」モードを搭載しました。ランプ設定を「スマートエコ」モードに設定すると、コンテンツの輝度レベルを自動検出し、ランプの消費電力を、30~100%の範囲でダイナミックに調整します。スマートエコ使用時のランプ寿命は、約6,500時間となり、従来のプロジェクターに搭載されていたエコモードよりも、更にランプの長寿命化と効果的な節電を実現します。
基本的な機能も充実しており、3D対応や黒板モード(5色)、クイッククーリング機能、デジタルズーム(2倍)やHDMIを搭載し、会議室でのプレゼンテーションの使用はもちろん、学校の授業やご家庭でのご使用など、様々な場面でご使用いただけるマルチユースプロジェクターです。

■製品イメージ
「MW519」 http://www.atpress.ne.jp/releases/31803/1_1.jpg
「MX520」 http://www.atpress.ne.jp/releases/31803/2_2.jpg


【製品概要】
機種名       :MW519、MX520
カラー       :ピアノブラック
発売日       :2012年12月11日(MW519)、2012年12月4日(MX520)
メーカー希望小売価格:オープン価格
市場想定売価(税込) :59,800円


■「MW519」の主な特長
<WXGAの高解像度で2,800ルーメンの高輝度と13000:1の高コントラスト比>
高解像度WXGAで、ワイド(16:10)に標準対応した製品です。高輝度2,800ルーメンと高コントラスト比13000:1を実現しています。広い会議室や、蛍光灯を点けている部屋の中でも明るくメリハリのある画像を映し出すことができ、照明を真っ暗にしなくともご使用いただけ、効率的なプレゼンテーションが可能になります。

@Press

トピックスRSS

ランキング